「せどり」で思ったよりも稼いでいたようで子供の大学授業料免除申請がとおりませんでした。もっと稼ぐしかありません。

no-585302_960_720

派遣での仕事を辞め「せどり」を専業にしてから数年が経過しました。

幸い、今日まで「せどり」だけで生活できていますし、子どももなんとか大学に入学させてあげることができました。

「せどり」で稼ぐことを選ばず、派遣の給料だけで生活をしていたら、とてもじゃないけれども大学に行かせてあげることは無理だったでしょう。

ですから、派遣を辞めるという決断は自分の弱さから出たことでもありましたが、結果的には正しかったと思っています。

しかし、今現在、決して経済的に余裕があるわけではありません。

それなのに大学に授業料免除申請したら拒否されてしまうとは・・・

広告

保険料が増え、非課税ではなくなった(驚

なんとか大学の入学金と前期の授業料は払ったものの、後期の授業料からはどうしようか?というのが正直なところです。

子どもへの毎月の仕送りが10万円。

それを送ってしまうと全然貯金ができない程度の稼ぎです。

そんな状態ですから、後期の授業料に関しては、申請さえすれば当然のごとく「全額免除」。

少なくとも「半額免除」されると勝手に思い込んでいました。

しかし、先日封書で届いた申請結果によると「全額免除」どころか「半額免除」も拒否されるという。

夫婦ともども驚いてしまいました。

それほど稼いでいる感覚はありませんし、実際そんなに稼いではいません。

でも、授業料免除は許可されない程度には稼いでいたようです。

そういえば、今年度から国民健康保険料が倍になり、市県民税も今まで非課税だったのが課税されるようになり、あれ?と思っていたところなんです。

奥さんが、保険料が増えたことに関して役所の方に尋ねてみると、まあ、単純に収入が2倍になってますからねぇ、という気のない返答だったとのこと。

中途半端に稼いでいる現実(泣

まあ、そう言われればそうかもしれませんが、以前の収入があまりにも少なかったんですよね。

月に20~22日働いて、手取り14~15万円。

私の場合は家賃を払う必要がありませんので、その分は楽ですけれども、それでも家族4人で良く暮らして来れたなあと思える収入ですよね。

で、現在、以前の倍の収入となったと言っても28~30万円。

やっと自分の年代の人が稼ぐ程度の平均収入に近い程度の収入を得ることができるようになったぐらいです。

先に書いたとおり、ここから子供に10万円の仕送り。

ということは、手もとに残るのは18~20万。

貯金はできませんし、これからの大学の授業料の支払いとなると、借金をしなければちょっと厳しいのかな?って感じです。

もちろん授業料の後納や分割等、支払いの方法はあるようなので、できるだけ借金することは避けるようにするつもりです。

そのようなことは奥さんの得意分野なので、全ておまかせなので、私は楽ちんなのですが。

それにしても、なんだか中途半端に稼いでしまっている感が・・・

もっと稼ぐしかない現実(決

この問題を解決するための一番の方法は、「もっと稼ぐ」、しかありません。

ということで

気合を入れ直して「せどり」に注力しようと思います。

正直「せどり」はもう飽きが来てしまって、あまり集中できていないんですよね。

できればアフィリエイトとかで稼ぎたいと思って勉強中なのですが、まだ小学生のお小遣いほども稼げない現状。

今自分が確実に稼げる方法は「せどり」しかありません。

と言っても最近は仕入れも厳しくなり、売上も伸び悩んでいます。

テコ入れが必要ですが、コレと言ったアイデアもなく。

単純に労働量を増やすせば、それだけ稼げるでしょう。

実際、今は派遣で働いていた時の約半分の労力で、倍の稼ぎを得ているわけですからね。

ただ、週2~3日を当てる奉仕活動の時間は減らしたくありませんし、今勉強中のアフィリエイトに取り組む時間も減らしたくはありません。

最近は、モーニング・ページにも1時間半は費やしていますし、私のライフワークである聖書の勉強のために費やす時間ももっと欲しいと思ってます。

それに単純に労働量を増やして儲けるのであるならば「せどり」に移行した意味がないのかなと思っています。

「せどり」に関しても、一から勉強しなおすつもりで、色々と試行錯誤を重ねていくしかありません。

ということは、時間管理をはじめとして、もっと効率的に全てのことをこなせるよう自己管理が大切になってきますね。

男42歳。これからが本番です。

広告

シェアする

広告