動画編集をするために必要なパソコンの購入を検討中。どれくらいのスペックが必要か、どこで買うべきか、調べてみました。

imac-517449_960_720

最近、仕事で毎週30分~40分程度の動画を定期的にアップしています。

しかし、編集はほとんどしていません。

手もとにあるパソコンは動画編集をするに十分なスペックがないんですね。

ちなみに今現在メインで使用しているノート・パソコンはLenovoG550。

5、6年ぐらい前に購入したものです。

CPUは「Celeron T3300@2GH」。

メモリは2GBから4GBに増設。

160GBのHDDを240GBのSSDに換装しています。

普段使いではネットで情報収集したり、ブログを書いたり、ちょとした文書を作成するぐらいですから、このスペックでまったく問題がありません。

あと2,3年はこれだけでいくつもりでした。

しかし、このスペックで動画を扱うとなると全然使い物になりません。

動画編集ソフトの試用版をダウンロードして動かしてみたりはしましたが、動作が重すぎたり、フリーズしたり、そもそもソフト自体が起動しなかったりと、さんざんな結果に(´・ω・`)

ですから、今現在はWindowsムービーメーカーで動画の前後の無駄な部分を切り取るのみの最低限の編集しかできていません。

でも、せっかく動画を撮るのであれば、もう少しちゃんとした編集をしたいと思っています。

ということで、動画編集にはどのようなパソコンを買うべきなのか、今後の参考のために調べてみました。

広告

メーカー製パソコンははおススメでない

パソコンを買うとなると家電量販電という選択肢しかない人もおられるかもしれません。

そのようなところで販売されているパソコンはほとんどがメーカー製(東芝、ソニー、etc.)のパソコンです。

残念ながらそれらは動画編集用パソコンとしてはあまりおススメでありません。

というか、普通使いのパソコンとしてもちょっと、という感じです。

というのも、余計な物が沢山入っているせいですでにPCが重くなっている状態なのです。

これは絶対に使わないだろというようなソフト、うっとうしい広告。

メーカーはユーザーのことを本当に考えているのかしらと思います。

必要のないソフトは消せばいいかもしれませんが、ハード面においてメーカー独自の規格である場合が多く、後からパーツを増設出来ないことも多いです。

拡張性があまり良くないんですね。

液晶画面に関しても、画面が暗転した際に自分の顔が映り込むタイプ(グレア)である場合がほとんど。

グレアの液晶画面は目が疲れやすく、長時間パソコンに向かってする作業には向いていません。

最後にこれが一番の問題かもしれませんが、後述するBTOショップに比べて値段が高い。

動画編集をするために必要なスペック

パソコンで動画編集をする上で何よりも求められるのは、CPUの性能です。

しかし、最近とみにパソコンに疎くなっている私にはどんなCPUが必要なのか、さっぱり分かりません、笑。

これでも、十数年前はパソコンを自作で組み立てたりしてたんですけどねぇ。

とりあえず、2016年7月現在、「Core i5」もしくは「Core i7」と記載されていれば大丈夫らしいです。

ちなみに「Celeron」とか「Core i3」とか「Atom」とか「Pentium」とか書いてるCPUはスペックが低く、動画編集には向かないとのこと。そこらへんは十分に気をつけなければなりませんね。

メモリの容量に関しては、最低でも8GB、できれば16GB、欲を言えば32GBあれば余裕で動画を編集できるそうです。

もちろん、お金に余裕があって、メモリももっと積めるならそれに越したことはありませんよね。

グラフィックボードに関しては無料の動画編集ソフトだったら、あまり関係ないとのことなので、今回は考慮に入れないことにします。

でも、後で好みのグラフィックボードに変えられるように、オンボードは避けようかなと思ってます。

記憶装置に関してはSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が良いようですが、自分で後付けできる方は、そのほうが安上がりになるとのことです。

私も自分でできないことはないですが、面倒なので最初からついてあるのにするでしょう、きっと。

コストパフォーマンスに優れるBTOショップは?

BTO(Build to Order)ショップとはこちらのカスタマイズ要望に合わせて、受注生産してくれるパソコンショップです。

メーカーでも受注生産をするようですが、前述のようにメーカー独自の規格のため拡張性に難ありです。

自作パソコンのパーツを販売しているパソコンショップのBTOパソコンのほうがカスタマイズの自由度が高く、かつ、拡張性が高いので、あえてメーカー製のBTOを選択する必要はないでしょう。

BTOショップの中でも、とにかく安くあげたい私にとって今のところ一番の候補はマウスコンピュータです。

パソコンを置くスペースがあまりないので、今はスリム型のデスクトップを検討しています。

CPUは「Core i7」メモリが「16GB」「SSD:240GB+HDD:2TB」という余裕を持って動画編集を出来るスペックのパソコンが約10万円(税別)程度のようですね。

パソコンを置くスペースも十分にある方は、拡張性の高いデスクトップパソコンが同程度の値段でありますから、そちらのほうが良いでしょう。

またマウスコンピューターのホームページにはクリエイターPCという項目があり、そこで紹介されている商品は、動画編集等を意識した作りになっているパソコンのようです。

私は今回はグラフィックボードのこだわらないので考慮にいれないつもりでしたが、そこで紹介されているパソコンの無骨でシンプルなデザインがなかなか魅力的で心が揺れます。

後悔しない買い物をするためにも、もう少し色々調べていかないといけませんね。

パソコンの勉強も久しぶりに本格的にしなければです。

広告

シェアする

広告