冷え性に悩む方に心からオススメしたい。「冷水シャワー」+「素足で寝る」生活を約3週間続けてみて体感している効果がスゴいんです。

shower-1502736_960_720

尊敬する先輩が健康法として冷水を浴びる生活を10年ほど続けているという話を最近耳にしました。人づてに聞いただけで、具体的にどうやっているのか、どんな効果があるのかはその時点では分からなかったのですが、私よりひとまわりほど年上の先輩(男性)は健康そのもの。

このたび私もやってみようかな?という気に。

というのも、私は三十代の半ばぐらいから結構な冷え性に悩まされているんです。で、冷水シャワーがその改善につながるのではないか?と。

直感というほどのものではないのですが、なんとなくそう思ったんですね。

同じ頃、靴下を履かないで裸足で寝ることが冷え性の改善につながるというネット情報を得ていたので、2016年12月3日から冷水シャワーと布団に入って寝るときには靴下を履かないという健康法を同時に始めてみました。

この記事を書いているのは2016年12月22日なのでもうすぐ3週間経過することになります。

で、実際のところ私が期待した以上に素晴らしい効果がありました。正直自分でも驚いています。

冷え性の改善はさることながら、当初まったく期待していなかった部分においても改善が見られるのです。

ということで、それぞれ、具体的にどのような効果を体験しているのかを簡単にまとめてみました。

広告

1.頑固な冷え性の改善

冷え性の改善は冷水シャワーをはじめて早い段階で感じていました。末端冷えの傾向が強く、今の時期だと足元は厚手の靴下を二枚重ねた上にモフモフのスリッパを履いているという状態。それでも冷えるのです。

今現在は薄手の靴下で、その上、大きな穴が空いたりしていても、全然平気でスリッパも履かずにペタペタ歩き回ってます笑。もちろん、全然寒くないというわけではありません。皮膚の表面部分はたしかに冷えます。しかし、芯の部分に温かさを感じているので、肌表面の寒さが心地良く感じられたりするのです。

私が住んでいる地域は南国とは言うものの、冬場は外気温が0度前後程度にはなります。加えて、南国の住居は北国の住居に比べて気密性が低いので、家の中は結構寒かったりするんですね。

ですから、今までは冬場は暖房もガンガンつけていましたし、その上でモコモコと着込んでいたのです。しかし、今は暖房器具をつける必要を感じませんし、モコモコなるほど着込まなくても快適に過ごせるようになっています。少々寒く感じても、別にいいかな?と思えるのです。

服も少なくてすむ。暖房もつけなくてすむ。冷え性改善は結果として生活のコストパフォーマンスも改善にも貢献するんだなと、改めて思っているところです。

ところで、私は冷え性の改善のみを期待して、冷水シャワー(冷温浴)をはじめたのですが、それ以外の効果ももたらしてくれました。

2.睡眠の質の向上

いつの頃からか定かではありませんが、とにかく一日中眠いというのが通常モードになっており、特にここ最近はそれが酷くなっていました。

睡眠時無呼吸かもしれないと、近々病院で見てもらおうかな?と思っていたくらいです。

しかし、冷水シャワー(+裸足で寝る)をはじめてから、寝覚めが良くなり、日中もほとんど眠気を感じなくなりました。おそらく睡眠の質が向上しているのでしょう。熟睡できているんだと思います。

もちろん、食べたすぐ後は多少眠くなることはありますが、それまでの眠気と比べると雲泥の差です。一日中動いた後も、疲れはしますが眠くはなりません。今までは疲れに加えてひどい眠気がありましたから、正直泣きたいぐらいに辛かったのです。でも、この疲れはきっと年のせいだろうと半ば諦めていたのです。

しかし、これまで経験していた疲れは、ひどい眠気が含まれていたから辛かったのであって、眠気がなければ泣きたいほど辛いという状態にはなりません。むしろ、疲れが心地よく感じられるのです。

日中の眠気から解放されたおかげで、仕事でもプライベートでも生産性が上がっています。たかが眠気、されど眠気。今まではある意味病的だったのだと気づかされました。

3.肌の調子が良好に

肌に関する効果は最初は気づいていなかったのですが、冷水シャワーをはじめて二週間目ぐらいでしょうか、風呂に入る前に脱衣所で久しぶりに自分の顔をしげしげと眺めてみると、なんとなく顔の肌がつやつやしているような気がします。で、肌の具合を意識して触ってみたところ、つるつる、すべすべ、もちもちしているような。

この時期は普段だと肌が乾燥してカサカサしている時期。そのままでは見苦しいので妻の化粧水や乳液を借りてごまかすのが通例だったのですが、冷水シャワーをはじめてからは、化粧水も乳液も塗っていません。まんまです。何もしていません。なのに、この肌の感じ。

男でも肌の調子が良いのは嬉しいものですね。化粧水や乳液をつけなくて良いのは楽。これまた節約にもなります。それに、見た目年齢は肌で判断されるもの。老けてみられても別に気にはしませんが、若く見られるに越したことはありません。

実際の冷水シャワーの仕方

冷水シャワーと言っても、もちろん、冷水だけを浴びているわけではありません。それだと体を冷やすだけになりますので体調を崩してしまうのではないかと思います。

私の場合はちょっと熱めの風呂に最初は10分から20分程度つかり、充分に体を温めてから冷水シャワーを1分ぐらい浴びます。

そして、次からは湯船には3-5分つかって、冷水シャワーを1分浴びるというのを2,3回繰り返します。

ただ、これも結構適当です。その時の体調や時間、気分で1回だけだったり、4回だったりと。自分が気持ちいいと思える程度にやっています。

あとは寝るときに靴下を脱いで裸足で寝るようにしているだけですが、今は靴下だけではなく、パジャマの上下も脱いでTシャツとトランクスという格好で寝ています。

とにかく、できるだけ体を締め付けるものを身に付けないで寝るように心がけています。本当は素っ裸で寝たいのですが、今はまだ年頃の娘のおりますので・・・娘も自立して家を出てくれたら、そうするでしょうが、それまでのお預けです。

それはともかく、冷水シャワーと就寝時は素足、という健康法は私と同じように冷え性に悩む方々に是非とも試していただきたい。

お金がかかる健康法ではありません。誰にでも、すぐにできます。もちろん、人によっては合う合わないはあるかと思いますが、とりあえず、1週間程度は続けてみてはいかがかと。

私は冷え性に長い間悩まされてきましたから、え?こんなに簡単な方法で治るんだという驚きとともに、早く知りたかったという気持ちでいっぱいです。

なぜ冷水シャワー(温冷浴)で私が体験したような効果がでるのかは、自律神経が整えられことに要因があるようですが、そこらへんのとこはググれば色々と解説がありますので、そちらをご覧ください笑

案ずるより産むが易し。

さあ、今日から冷水シャワーと寝るとき素足生活をはじめましょう!!

広告

シェアする

広告