アカハラって何?って疑問から、オッさんが気を付けるべきハラスメントについて考えてみた。

bulldog-1768006_960_720

最近、あるネットニュースの記事で「アカハラ」という言葉を目にしました。

あかはら・・・?

私がすぐにイメージしたのは赤い腹を持つイモリ。

newt-607596_960_720

それとは違うことが文脈から分かっていても、知らない単語だとね・・・

あ、イモリとか両生類嫌いな人見てたら写真ごめんなさいね。

(でも、よく見ると可愛いですよ。)

記事中「アカハラ」の説明は全くなかったので、自分で調べてみたところ「アカハラ」は「アカデミック・ハラスメント」の略語ということが分かりました。

とはいうものの

「アカデミック・ハラスメント」と言われても私にはピンと来ません。

学歴に関する言動で人を不快にさせることかな?と思いましたが、そうではなくて、教育機関において大学教授等の教員が生徒や他の教員に嫌がらせをする行為だそうです。

アカハラを機に色々調べてみると今はハラスメントが多種多様に分類されているんですね。

現在30種類以上もあるとのことで、セクハラ、パワハラ、モラハラぐらいしか知らなかった私にとっては非常な驚きでした。

それらのハラスメントを略語でざっと書き出してみます。

アカハラ、アルハラ、エレハラ、セクハラ、セカハラ、パワハラ、モラハラ、ジェンハラ、リスハラ、テクハラ、キャンハラ、スクハラ、ドクハラ、カラハラ、スモハラ、ブラハラ、テクハラ、エイハラ、シルハラ、マリハラ、スメハラ、エアハラ、ソーハラ、オワハラ、カジハラ、ゼクハラ、パソハラ(パーハラ)、マタハラ、ラブハラ、レイハラ、レリハラ、ヌーハラ、ペイハラ・・・

いやあ、書き出しているだけで嫌になってきますね。

もう、分けがわかりません。

表記にしても英語もあれば、和製英語もあれば、日本語と英語を組み合わせたものもあります。

こんなにたくさんの種類のハラスメントに分類して一体どうするんでしょうね。

そもそもハラスメントなんて横文字も使わないで全部「嫌がらせ行為」でいいのにとも思います。

なんでもかんでも横文字にしたがる風潮はいつ、どこから始まっているのでしょうね?

若い時分からそのような風潮は嫌いです。

なんで日本語で済むところをわざわざ英語にするの?って。

たぶんインテリぶった、易しいことをあえて難しく語る、頭が良いようで実は頭の悪い人たちがそんな風潮を作ったのでしょう。

まあ、それはともかくとして、今現在、分類されている多種多様のハラスメントを全部覚えるのは大変です。

覚える必要もないと思います。

基本的には人が嫌がることをしなければ「ハラスメント」問題で面倒なことに巻き込まれることはないでしょう。

しかし、私たちが悪気なくしていることが「ハラスメント」とみなされることがありますので、その点は注意が必要です。

特に私のようなオッさんが気を付けるべきハラスメントを2,3挙げてみようと思います。

広告

マリッジハラスメント(マリハラ)

wedding-night-1116722_960_720

マリッジ・ハラスメント(マリハラ)とは結婚式場で、新婦が新郎を殴り倒したりと暴力を振るうこと・・・ではなく、結婚に関する話題で未婚の女性に不快な思いをさせることを指します。

結婚しないの?いい年なんだから早く結婚したらという類のことを言ってしまうと、それはマリハラです。老婆心でつい言ってしまいそうになるかもしれませんが、気を付けましょう。

似たようなハラスメントで「ラブハラスメント」(ラブハラ)があります。恋愛に関する話題で相手に不快な思いをさせることです。ですから、付き合っている人いないの?とかもダメな時はダメなんでしょう。

マタニティハラスメント(マタハラ)もマリハラやラブハラと関連性の高いハラスメントかと思います。妊娠をしている女性や、出産したばかりの女性にそれに関する話題等で職場で不快にさせる言動をすることです。

妊婦は仕事を気楽に休めていいよなあ、みたいなことを冗談ぽく言ったとしても、それはアウトになる可能性があります。

で、こういった失態を犯しやすいのが飲みの場ですよね。

アルコール・ハラスメント(アルハラ)

alcohol-428392_960_720

一気飲みの強要はもちろんのこと、酒が苦手な人に俺の酒が飲めないのかと無理に進めたりすることもアルハラです。

また、アルコールが絡む場でのセクハラやパワハラ、先ほど説明したマリハラやマタハラもアルコールに絡んで起こりやすくなる可能性があります。

酒はどうしても理性のたがを緩ませてしまうので、気を付けても気を付け過ぎることはないでしょう。

個人的には、高校時代の恩師が酒の勢いでセクハラをしてしまい、警察にご厄介になってしまったことがトラウマで、酒なんて飲まないほうが良いと思ってます。

それと同じぐらい止めて欲しいのがタバコ。お酒の席ではタバコもまた付きですよね。

「百害あって一利無し」と言われるタバコをなぜ吸うのか私には良く理解できませんが、吸うのことは自由です。ただ、その害は自分ひとりに留めていただきたい。

喫煙を強要することはスモーク・ハラスメント(スモハラ)。強要しなくとも、周りの人の迷惑を考えずに喫煙していたら、それもスモハラです。

ハラスメントとして認識されにくいかもしれませんが、カラオケを強要することもカラオケ・ハラスメント(カラハラ)なるものもあります。これも酒の席で起こりがちなことかもしれません。

え?そんなことぐらいと思われるかもしれませんが、カラオケ嫌いな私としては十分に納得がいきます。

あと、特にオッさんが気を付けるべきハラスメントかな?というのがあります。それが・・・

ブラッドタイプ・ハラスメント(ブラハラ)

potatoes-1448405_960_720

これは血液型によって相手の性格を決めつける行為を指します。

私たちの年代は血液型による性格診断はあたかも真実のように考えられていましたから(実際はなんの科学的根拠もないということです)話のネタにとつい口にしてしまう可能性があります。

血液型による性格診断(占い?)に汚染された身としては、ちょっとは当たってんじゃね?と思わないでもありませんが、それによって性格を決めつけられるのを不快に思う人は少なくないようです。

県民性によって個人の性格を決めつけるのも、似たようなことなのかもしれません。もちろん、県民性というのはあると思いますが・・・

ハラスメント、ハラスメントと言い過ぎると窮屈になってしまいますので、これ以上は言いませんが、こちらが良かれと思ってやっていることが相手にとっては不快な事柄として受け取られている場合があります。

日本がアメリカのように訴訟社会になることは考えにくいですが、相手のことを考えるだけでなく、自分の身を守りつつ、かつ人間関係を円滑に保つためにも、ある程度はハラスメントに関する知識を持って、それを意識して生活されることをおススメします。

その他のハラスメント

エレクトロニックハラスメント(エレハラ)電子機器等を利用してのハラスメント。

セカンドハラスメント(セカハラ)セクハラを主張したことで生じる二次的被害。

パワーハラスメント(パワハラ)優位な立場の人による弱い立場の人へのハラスメント。

モラルハラスメント(モラハラ)言動による精神的継続的ハラスメント。

ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)社会的性に関するハラスメント。

リストラハラスメント(リスハラ)リストラ対象に対するハラスメント。*パワハラの一種

テクスチュアルパワハラ(テクハラ)文章による性的(ジェンダ-)嫌がらせ。

キャンパスハラスメント(キャンハラ)大学内のでハラスメント全般

スクールハラスメント(スクハラ)教師の児童に対するセクハラ

ドクターハラスメント(ドクハラ)医者の患者に対するハラスメント

テクノロジーハラスメント(テクハラ)ITに弱い人に対する嫌がらせ

エイジハラスメント(エイハラ)中高年、高齢者に対する年齢に関しての 相手を不快にさせる言動。

シルバーハラスメント(シルハラ)介護を受ける高齢者に対する

ペットハラスメント 飼い主が公共の場で他人に恐怖や不快な思いを与えたりする迷惑行為。

スメルハラスメント(スメハラ)臭いによって他人を不快にさせる行為。

エアーハラスメント(エアハラ)その場の雰囲気を悪くする言動

エアコン・ハラスメント(エアハラ)空調による嫌がらせ

ソーシャルハラスメント(ソーハラ)SNSに職場の上下関係が持ち込まれることによる迷惑行為。

終われハラスメント(オワハラ)企業が内定と引き換えに就活を終わるよう強要したりすること。

家事ハラスメント(カジハラ)家事を過小評価したり、ダメだしをすること。

ゼクシャルハラスメント(ゼクハラ)女性が男性に結婚を強要すること。

パーソナルハラスメント(パソハラ、パーハラ)趣向や容姿、癖などに関するハラスメント。

レイシャルハラスメント(レイハラ)人種差別的ハラスメント。

リリジャスハラスメント 宗教関係のハラスメント。

ヌードルハラスメント 麺類をすする音によるハラスメント。

ペイシャント(ペイシェント)ハラスメント。患者による医者へのハラスメント。

様々なハラスメントがありますが、事柄や内容によってはその度が過ぎるとハラスメントになる可能性があるけれども、その場の状況や雰囲気や立場によってはハラスメントとは受け取られない場合もあるかと思います。

とにかく、ハラスメントに関わらないためには、相手の立場に立って物事を考える想像力が大切になってくるのではないかと思います。

広告

シェアする

広告