ニッスイの『たまごがふんわりオムライス』

お昼。

鴨南蛮そば』がまた食べたくなったので、コスモス薬品へ行った。

「鴨南蛮そば」を求めて、冷凍食品コーナーに向かっていたが、急に気が変わり、パッと目についた冷凍食品を手にした。

それが

広告

ニッスイの『たまごがふんわりオムライス(198円)』

オムライスは好きだ。

料理をするほうではないが、オムライスは自分でもたまに作る。

とは言え、今風のふわとろなオムライスは作れない。

どうあがいても昔ながらのオムライス。

しかし、そっちのほうが好きだから全然構わない。

それはそれとして

ふんわりたまごオムライス」の実力のほどはどれほどか。

仕事場に戻り、早速、電子レンジでチン。

袋に入れたまま「チン」できる

のはポイントが高い。

チンをしたあと、袋から出した状態。

見た目は、ザ・フツー。

このまま食べてもいいが、それだと味気ない。

ということで、皿に移してみたが、そんなに変わりばえしない。

仕事場にはこんな皿しか置いてなかった。

これにケチャップをたっぷりかけたかったのだが、仕事場にはケチャップもない。

残念。

ザクッとスプーンで一口とったあとの断面。

そして、パクッと大きめのひとくちでいただく。

うん、味もザ・フツーだ。

たまごも「ふんわり」と言われれば「ふんわり」だし、そうでないと言われれば、そうでもないし…

フワッときたら、トロッときて欲しい感があるが、それもない。

ケチャップをかければ、もう少し美味しく食べれたかもしれない。

それでも、私のつくるオムライスのほうが美味しいかな?

値段が200円だから許せるけど(298円まではギリ)これが398円とかなると、ちょっと、いらಠ_ಠっとするかも。

でも、もうワンチャンは与えてもいいかなって気もするし、お子様だったら十分に満足いくレベルだろう。

コスモスのオニギリ

余談だが、最初は『鴨南蛮そば』を食べる予定だったので、冷凍食品コーナーに行く前におにぎりをカゴに入れていた。

ので

オムライスとオニギリという変な組み合わせになってしまった昼飯。

コスモス薬品のオニギリもセブンイレブンの初期のころのオニギリ並みには味も良くなって来ている(ような気がする)。

しかし、今現在のセブンイレブンを筆頭にしたコンビニおにぎり戦線からすると、まだまだ後塵の、それもはるか彼方でヨロめいてる感は否めない。

値段が値段だけにしかたがないのかもしれないが、コスモスファンとしては健闘を祈るばかりである。

食後は奥さんが好きなコスモス薬品オリジナルの大判えびせんべい。

なんやかんやで我が家の一番お世話になってるお店は「コスモス薬品」。

以前は薬屋さんで日用品とか食品とか扱うのことに違和感を感じたものだが、いまや普通の光景になった。

今や、本屋さん(田中書店2号店)でも、道の駅的な食品を扱ってる。

時代と環境に合わせ商売を展開していくのは本当に大変だと思う。

いろんな意味で頑張って欲しい。

人気ブログランキングへ

広告

シェアする

広告