寒い冬に布団から抜け出すための工夫について考えてみた。

CAT9V9A9656_TP_V

寒い冬の朝。

つい、あと少し、あと少し、となってしまい、なかなか布団から抜け出せない。

結局、ギリギリに布団から慌てて出てきて、バタバタ、アワアワ(;´Д`)

それが冬場のお約束となっている私。

布団の中では、スマホでブログを更新したりして結構有意義に過ごしているのだが、

布団からはなかなか抜け出せない・・・

まだ、しばらく寒い日が続くので、そこらへんをどうにかしたいと痛切に感じている。

みんな、ちゃんと起きれてるのか?

起きれる人はどんな工夫をしてるのだろう?

そういえば以前、知人が 

大音量の目覚まし時計をあえて遠く離れた場所(洗面所近く)に置き、

朝、それを止めたら、すぐに洗面所に向かって冷たい水で顔を洗えば、大丈夫!!

なんて言っていたことを思い出した。

しかし、私の今の環境では、そんなことをしたら、すぐに家族からのクレームが来るだろう。

広告

他に参考になる方法はないかググってみると

マイナビニュースが会員の男女別に布団から抜け出すための工夫を尋ねた記事があった。

男性427名の工夫ランキングの1位から5位。

1位 勢いよく布団から出る  26.9%
2位 目覚ましをかける  25.8%
3位  ストレッチする  11.5%
4位 二度寝する  10.5%
5位 部屋を暖めておく  5.4%

http://s.news.mynavi.jp/c_cobs/enquete/realranking/2012/11/4_1.html

続いて、女性573名の1位から5位。

1位 目覚ましをかける  37.5%
2位 勢いよく布団から出る 22.2%
3位 ストレッチする  13.4%
4位  二度寝する  10.5%
5位 ケータイをいじる  7.2%

http://s.news.mynavi.jp/c_cobs/enquete/realranking/2012/11/4_2.html

以上、約1000名の男女が布団から出るための工夫のランキングの1位から5位まで。

さて、何を参考に実践するか

この中で、私がすでに実践してるのは「ケータイ(スマホ)をいじる」になるだろう。

実はこの記事も冬の早朝、覚醒はしたものの、布団から出られない時間を有効利用してiPhoneのメモ帳で下書きを書いている。

しかし、残念ながら、スマホをいじる習慣は時間の有効活用にはなるが、私を布団から抜け出させるほどの求心力はない。

男女ともに上位を占める「勢いよく布団から出る」に関しては、

それができれば苦労はせん。

同じく上位の「目覚まし」は前述したように、

家人に迷惑なので、そもそも選択肢にない。

4位のあえて早い時間に起きての「二度寝」は自然にそうなってるし、

5位の「部屋を暖める」は、今住んでるのが田舎の一軒家で部屋数が多い上に、隙間風も多いので、暖まらない。

ということで、男女ともに布団から出るための工夫3位の「ストレッチ」。

これが、私にとっての、現実的選択になる。

では、ストレッチをすると答えた人たちは、具体的にどんなことをしているのだろう?

先ほどのランキング記事に掲載されていたコメントをそのままに紹介する。 

「布団の中でのびをするだけでも、ずいぶんすっきりします」

「体を動かすことで、二度寝の欲求を減らす」

「朝は体が固まっているので体を伸ばす」

「猫のポーズで伸びるとすっきり目が覚める」

「布団のなかでごそごそストレッチしながら、徐々に意識をはっきりさせていく」

「背伸びを寝る前と起きる前の習慣にしています」

とのこと。

思ったほど、具体的には記されていなかったので『寝たまま簡単ストレッチ』等の書籍を入手して、それを参考に取り組んでいきたい。

とりあえずは自己流でやってみよう。

まずは、仰向けの状態で、なんらかのストレッチ。

そして、うつ伏せになって、なんらかのストレッチ。

最後に、四つん這いになって、なんらかのストレッチ。

三段階で、行こうかなと。

そのまま軽い筋トレにいってもいいかも。

よし、明日から余裕を持って起きるぞ!!

広告

シェアする

広告