とりあえずブログ記事を毎日更新するために、どんな内容のことを書こうか?7つの視点で考えてみた。

notebook-405755_960_720

広告

①体験したことを書く。

私たちは毎日いろんな体験をしている。

そして、何かを感じ、思い、考え、また気づきを得ている。

ただ多くの場合、それを意識してはいない。

感じたこと、思ったこと、考えたことは、忘却の彼方に。

そして、書くことなんて何もないと思っている。

少なくとも、私の場合はそうだった。

今は日々の生活の中で、ふと思うこと、感じること、気づいたこと、などなどを少しだけ意識するよう心がけている。

思ったことや、気づいたことを、さっとメモする習慣を身につけた。

昨今はスマホ等を使って気軽にそういうことができるので非常にありがたい(※私はそのためのツールとしてPostEver2を使用している)。

面白かったこと、不思議だった、怖かったこと、腹が立ったこと、などなど、実際にあった出来事に、その時に思ったことや感じたことを、プラスして文章を書けば、出来不出来はともかく、少なくとも、オリジナルの文章にはなる。

②問題解決の手順を書く。

大小関わらず何らかの問題に直面し、それが無事に解決されたら、その解決の手順をまとめ、それをシェアしてあげれば、同じような問題に直面して困っている人の助けになる。

私は以前、自分のタブレットPCに生じた不具合を解決した手順をまとめてブログで公開したことがあるが、自分が所有しているタブレットPCがマイナーなこともあってか、しばらくして、機種と症状でググると1ページ目のトップに私がまとめた記事が表示されるようになっていて、しばらくの間はその記事が結構なアクセスを稼いでくれていた。

実はタブレットPCの不具合を解決のするための情報は、私自身、ネットで得たものだったのだが、様々な情報が交錯しており、最終的に問題解決に直接つながったサイトも文章が分かりにくかったので、自分なりに分かりやすくまとめたものをネット上に公開しただけだったのだ。

完全にオリジナルなものでなくとも、他にその情報を得るために分かりやすいサイトがなければ、そこにチャンスがある。

③調べたことをまとめる

自分がふと疑問に思ったことは、他の人も疑問に思ってる可能性が高い。

ニュース記事を読んだ時に色々と疑問に思ったことを調べれば、そのニュース記事を補足する記事になり需要があるかもしれない。

他にも、何か自分が買いたい商品があった時に調べて見たことをまとめるのもいいかもしれない。

たとえば、Amazonなどの商品レビューを参考に、商品のメリット、デメリットをまとめれば、それがそのままブログ記事になり、同じように商品を探している人のためにも役立つ記事になるだろう。

④読書や映画鑑賞の感想を書く

読書や映画鑑賞等の感想、またテレビやラジオなどを視聴しての感想を書く。

本や映画の内容の全体を綺麗にまとめようとすれば、それはハードルが高いかもしれないが、その中で、心に残ったフレーズや、場面を切り取ったりして、そこから感じたこと、思ったこと、考えたこと、気づいたことを書くぐらいだっら意外に簡単だったりする。

書籍や映画はAmazonアソシエイトなどと相性が良いのではないかと思うので、このような記事も積極的に書いていければと思っている。

⑤お得な情報を紹介する

こうすれば、安くで食べれる、見れる、行ける。そんな情報を探している人も多いのではないか?

私自身は、こういう系は苦手であるが、うちの奥さんは超得意。

彼女の手腕で観光ホテルに1泊100円ちょっとで泊まったりしたことがある。

奥さんを見てると、とにかく常になにかお得な情報はないかとアンテナを立てていて、その感度はびんびんである。

私も見習わないと思うが、どうも苦手だ。

ただ、自分が苦手な分野の記事でも、近くに詳しい人がいれば、その人から聞いたことを記事にすることもできるので、そのようなことにも挑戦していきたい。

⑥自分の主義主張を述べる

人生の中で培われてきた思想や人生観等を披露するのも、時には悪くない。

人によって考え方は様々。

自分が当たり前だと思っている考え方が、ある人にとってはとても新鮮で、新たな視点をその人の人生に加えることになるかもしれない。

たとえば、私はクリスチャンであるが、クリスチャン人口はわずか1%程度。

その中で親の代からクリスチャンとなるとさらに少ない。

しかも敬虔なクリスチャンホームだったので生まれた時からこのかた「進化論」を信じたことはなく「創造論」の世界で生きてきた。

そうなると思考回路は一般の日本人とはかなり違う。

であるから、そのような立場からの私の発言は面白いと思う人には面白いと感じるかもしれない。

たまには、そんことを書いてみるのも気分転換になっていいかもしれないと思う。

⑦仕事や趣味など専門分野の知識をシェアする

自分が当たり前に知っていること、また、体験していることでも、他の人は全然知らなかったりすることも多い。

前述したとおり、私はクリスチャンである。

普段の生活の中で毎日のように聖書を読んでいるが、これは少数派のクリスチャンの中でも少数派のようだ。

それである程度は聖書の知識は人よりある。

「働かざる者食うべからず」という慣用句が聖書の言葉だと知っている人はあまりいない。

その由来がどこにあるのか?ということを書くだけでも、ある人にとっては興味深い記事になる可能性がある。

まとめ

こうして、考えていくと実はブログ記事として書けることは日常生活の中に山ほどある。

私自身は今、記事のストックが200記事ほどある。プロブロガーに比べれば大したことない数だろうし、これまで書いてきた文章を読まれたら分かるように、まだまだ内容としても薄い。

しかし、毎日何を書けば?と思っていた時の自分と比べれば天と地の差。

とにかく、書いて書いて書きまくる。これが私の今年の課題である。

人気ブログランキングへ

広告

シェアする

広告