『メロエの古代遺跡群』TBS「世界遺産」(2017年2月19日放送)まとめ

サハラ砂漠の東の果てに林立するピラミッド。一見、エジプトかと見紛うが、ここはエジプトの南に隣接するスーダン。

photo1487559346967
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

広告

知られざる「ピラミッド王国」

「黒い人」を意味する国名のとおり、黒人によって建設されたこの国はエジプトよりも多い250もの古代のピラミッドを有する、知られざる「ピラミッドの王国」なのだ。

『メロエの古代遺跡』はスーダンの首都ハルツームから、車で北へ200キロ、ナイル川のほとりにある。

『メロエ』はナイル川の中流域で紀元前8世紀から1000年間存続し、紀元前3世紀頃に最盛期を迎えた「クシュ王国」の都だった。

一時は、衰退していたというものの大国であったエジプトをも支配するほどの力を持っていたメロエ王国。

ハルツームの博物館には「ブラックファラオ」と呼ばれる王の巨大な像が立っている。

photo1487559347001
(出典:”https://twitter.com/heritage_TBS”)

「クシュ王国」は、豊富な鉄の産地だった。

鉄の道具は、陸路で紅海へと運ばれた。

ギリシアやローマとの交易は王国に繁栄をもたらすことになる。

エジプトの影響から離れた王国は、独自の文化を築く。それは「ライオンの神」がクシュ王の守護神となったことからも伺い知ることができる。

photo1487559347022
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

メロエのピラミッドはエジプトのものと比較すると規模は小さく、高さは20mほど。細長く、先端が尖っているのが特徴である。石の素材は周辺で豊富に取れる砂岩だ。

photo1487559347097
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

正面にはH型の建物が付いており、入口は、すべて東向き。太陽がのぼると死者の復活を意味する朝日が差し込むように作られているのだ。

photo1487559347130
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

「クシュ王国」のピラミッドは王や女王たちの墓である。遺体はミイラにされ、地下の部屋に安置された。ピラミッドの先端からは副葬品の純金でつくった装飾品や金製品がたくさん出土している。

photo1487559347167
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

ピラミッドの地下には、棺が納められた玄室がある。エジプト文明にあこがれた王は、壁に死者をよみがえらせる復活の儀式を描かせた。

photo1487559347196
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

ピラミッドの先端がいくつも崩れているのはピラミッド上部から黄金製品が発見されてから(1834年)、次々と他のピラミッドも破壊されたため。

photo1487559347225
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

ある女王のピラミッドからは60点もの黄金製品が見つかった。

photo1487559347255
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

純金製の腕輪。青い装飾はラピスラズリ。手のこんだ装飾の修復には、顕微鏡が欠かせない。

photo1487559347287
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

墓からは副葬品として大量の黄金製品が発見されたわけだが、それらの大量の金はどこから来たのだろう?

実はスーダンの広大な砂漠の下には金の鉱脈がある。

2000年前から大量の金が産出されており、今でも砂漠では一攫千金を夢見て、男たちが鎚を手にする姿を見ることができる。

ピラミッドから発掘された黄金は、ドイツのシュプレー川の中洲にある「ベルリンの博物館島」(世界遺産)の5つの博物館のうちの一つ「ベルリン新博物館」の特別コーナーに展示されている。

photo1487559347318
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

『メロエの古代遺跡』から、さらにナイル川をエジプト方向に下ると…

photo1487559347353
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

川岸に巨大な岩山がそびえる。高さ100mの岩山「ゲベル・バルカル」はエジプトによって聖地とされた。神殿が断崖の下に神殿が築かれたのはエジプトの影響である。

photo1487559347389
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

スーダンのもう一つの世界遺産『ゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡』。ナパタは「クシュ王国」の最初の都。メロエは2番目の都だった。

『メロエの遺跡』に観光に行けば、ラクダに乗ってピラミッド巡りができる。砂漠の丘ではテントホテルに宿泊できる。

photo1487559347426
(出典⇒”https://twitter.com/heritage_TBS”)

スーダンの男が熱狂するスポーツが「ヌバレスリング」。3000年の歴史がある世界最古の格闘技といわれる。砂が敷き詰められた丸いリングで相手を倒せば勝負あり。砂漠の国伝統の娯楽である。

世界遺産 エジプト編 [DVD]

広告

シェアする

広告