新品CD「せどり」は、ちょっとお小遣い稼ぎにいいかもです。

ELLY853_tosyo15191241_TP_V

「せどり」という稼ぎ方は昔からあったようです。

価値のある書籍がその価値の分からないお店で安価で販売されているのを購入し、他の店で高く売って、その差額で収益を得るという手法です。

簡単そうですが、本の価値が分からないと、そんなことはできませんよね。

昔は「せどり」で稼ぐためには深い知識と経験が必要でした。

広告

誰でも簡単にできるようになった「せどり」

ネット社会となった今日では、同じようなことが誰でも、簡単にできるようになりました。

実際、私も「せどり」で小遣いを稼いでいたことがあります。

ただ「せどり」の対象となる品は「本」ではありません。

「せどり」への入り口は「本せどり」でしたが、もっと簡単に稼げる品があるので、今はもっぱら、そちらで小遣い稼ぎをしています。

その品は何かというと「CD」です。

しかも「新品」。

実店舗ではCDが売れなくなったとの嘆きをよくお店の人から聞いたりするのですが、ネット上ではその限りではありません。

いや、実際はネット上でも売れなくなってるのかも知れませんが、実店舗よりは全然売れるのです。

というとことで、そこが狙い目になります。

実店舗でCDを販売しているお店は売れ残ったものを処分するために半額だとか、70%引きだとか、とにかく安くすることがあります。

そのような品の中には、ネット上では普通に定価近くで販売されてたりする品があるのです。

とにかく、仕入値よりも、売値が高く、諸費用を差し引いても、益がでればいいわけです。

時には定価よりも高い値段、いわゆる、プレミア価格で販売されている品もあったりします。

定価3000円のCDが、入手困難になると、6000円とか、10000円の相場で売買されるようになることがあるのです。

そのような品だと定価で買っても、相場で売れば益がでることになります。

利益の出る商品を捜す

さて、では、どのようにして、益の出る商品を探すかと言うと、そのような商品を捜すためのスマホアプリがあるんですね。

私はiPhoneを使ってるのですが、AppleStoreで「せどり」で検索すれば、有料、無料の「せどりアプリ」が引っかかってきます。

私は無料アプリを使用しているのですが、月に2-3万程度の小遣いを稼ぐ程度だったら、それで十分です。

せどりアプリを入手したら、それを使用して、対象となる商品のバーコードなり、商品名なりを入れて検索すれば、その商品がAmazonマーケットプレイスでどれくらいの相場で売買されているかが、すぐに分かります。

仕入れ値より、現在の相場が高ければ、売れ行き状況等もアプリをとおしてある程度、判断できるので、それによって仕入れるか仕入れないかを決めます。

せどりアプリを使えば本から、CDから、家電から、とにかくAmazonマーケットプレイスで販売されているものはなんでも仕入れの対象になります。

なぜ新品CD「せどり」の小遣い稼ぎにすすめるのか?

私があえて「CD」にしているのはなぜか?しかも「新品」にしているのはなぜか?といいますと、

一つは保管場所の問題です。家電製品だと場所を取るものが多いです。

本でも多くなってくると、CDに比較すると結構な場所を取ります。しかし、CDだとそれほどでもありません。少ないスペースで多くのCDを保管できます。

あと一つは検品の問題です。中古のCDですと、盤面にキズがないか、キチンと再生できるか、などなど、検品に時間が取られるのです。

しかし、新品だとそんなことをする必要がありません。せいぜい、ケースに割れがあるかないかを購入時にチェックする程度でしょうか。他にも新品だと手間が省けることが多々あるんですね。

副業ですから、そんなに手間暇はかけられないので、そういった意味で、CDの新品せどりは、うってつけ。まだ、しばらくは、CDでも稼げそうですよ。

広告

シェアする

広告