kindleで購入した電子書籍が、単に紙の本を画像スキャンしただけの形式だと、とってもガッカリする件

book-2135769_960_720

最近、読書の6~7割型が、紙の書籍ではなく、電子書籍になってきている。

愛読している「聖書」に関しては、冊子本でも何種類か(翻訳違い)持っているが、普段読みはもっぱら電子書籍。

iPhoneやタブレットのkindleアプリで読んでいる。

ということで、当然のことながら、kindleで電子書籍を購入する機会が多くなる。

しかし、時々、購入した電子書籍が紙の本をそのままスキャンしただけのような電子書籍だったりすることがある。

kindleで電子書籍を購入した人なら、そのような経験をされた方も多いのではないだろうか?

そんな時は非常に残念な気分になる。

紙の本をスキャンしただけの電子書籍は、文字を検索したり、ハイライトしたりすることができない。

それだけだったら、まあ許せるが、スマホだと、そのような電子書籍は非常に読みにくかったりする。

紙の本をスキャンしただけの形式の、電子書籍を開くとこんな感じだ。

IMG_20170313_141944

上の写真の画質自体が悪いが(kindlefireのカメラで撮影)、それにしてもスマホだと字が小さすぎて読みにくい。

タブレットだったら(下はdTab)、なんとか読めるが、それでも、もともとがスキャン画像なので文字は粗く、読んでいて疲れる。

photo1489381870317

しかし、実際に電子書籍を購入してみないと、それが紙の書籍をスキャンしただけのものか、それとも文字を書きおこしてEPUB形式にしたものなのかは分からない。

ので、購入してみて、ああ、しまった・・・と思うことがしばしばある。

購入価格が安いものだったらまだしも、結構、値段の高いものがスキャンだけの代物だったりしたときのガッカリ感と来たら。

これに関しては電子書籍を利用する多くの人の同様な意見がネット上に散見していた。

とりあえず、ツイッターでのご意見。

ということで

下記文面にてAmazonカスタマーセンターに問い合わせしてみた。

Kindleで電子書籍を購入の際、たんに紙の本をスキャンしただけの画像データで構成された商品か、それともきちんと文字としてデータ化された商品かを見分けるにはどうすればいいのでしょうか?商品説明の欄に、その旨、記載されているのでしょうか?画像形式のものは小さい端末では読みにくいので購入したくないのですが、それを事前に見分ける方法が分からないので教えてください。

これはメールでの質問。

1時間後に返答があった。

さすが、Amazon、返答が早い。 

  おそらくテンプレートによる回答と思われるが、内容の一部を紹介する。

一般的に電子書籍ではリフロー型と言われる形式、また、フィックス型と言われる固定レイアウト形式のものがあり、読みにくいとご指摘いただいたコンテンツは、後者のフィックス型であると思われます。

フィックス型と言われる書籍の形式には文字サイズが変更できないため、常にレイアウトが維持されております。それにより、出版社側で意図したページのままご利用をいただくことが出来ると言ったメリットがございますが、ご指摘の通り小さい端末では読みにくくなってしまうのも事実でございます。

参考までに、下記のコンテンツのように、商品ページに固定レイアウトである旨を記載しておりますが、一部記載が無いコンテンツもございます為、ご不安な場合には、事前にサンプルをダウンロードしてご確認いただければと存じます(※表示が無いものに関しては、順次対応を進めております)。

Amazonでは、文字をきちんとデータ化している電子書籍を「リフロー型」。

紙の本をただスキャンしただけの電子書籍を「フィックス型(*EPUB形式でも一部このタイプがあるとの情報も)と言っているらしい。

ものは言いよう。

「リフロー」とか「フィックス」なんて言い方をすると、日本人にはちょっとカッコよく響くね。

下記のコンテンツのように、商品ページに固定レイアウトである旨を記載しておりますが、一部記載が無いコンテンツもございます為、ご不安な場合には、事前にサンプルをダウンロードしてご確認いただければと存じます

とのカスタマーセンターの案内に関しては、

え?自分が購入した時は、固定レイアウトだとか、サンプルだとかなかったけど?と思いつつ、

実際に自分が購入した「自分でわが家を作る本(kindle版)」のページに行ってみる。

2017-03-13_10h40_15

あれ?本当だ、ちゃんと注意書きがある・・・

え?でも私が買った時は、こんなの書いてなかったけど・・・

※表示が無いものに関しては、順次対応を進めております

とのことだから、私が上記の商品を購入した時は、対応が進んでなかったのだろう。

ともかくも、文字が主体となった電子書籍よりは、写真や図説の入った書籍のほうが、スキャンだけの(フィックス型)場合が多いような気がする。

これから、きちんと対応してくれるんだったら、別にもう何も言うことはないけれども、今後も電子書籍を購入する際には、気をつけねば。

また将来的に自分でkindle出版をする時は絶対「リフロー型」にしようと思った次第である。

保存形式だけで人を残念な思いにはさせたくないから。笑

広告

シェアする

広告