lenovoG550がネットに繋がらない原因はWi-Fiの切替えスイッチにあった。

CAT9V9A9145_TP_V

自宅で仕事をしようと、仕事場から愛用のノートパソコンを持って帰ってきたのだが、

いざ、仕事をはじめようとブラウザを立ち上げると、ネットにつながらない。

下部を見るとWi-Fiのアイコンにバッテンマークがついている。

SnapCrab_NoName_2017-3-24_20-8-39_No-00

Pocket Wi-Fiの電源が入っていないのかと確認するが、電源は入っている。

Wi-Fiのアイコンをクリックするとネットワーク接続が「無効」との表示。

SnapCrab_NoName_2017-3-24_20-8-49_No-001

iPhoneではWi-Fiにつながるので原因はlenovoのほうにあるようだ。

ファンクションキーにWi-Fiの有効無効の切替えに関係ありそうなキーがあった。

photo1490356951127

自宅では愛猫がウロウロしているので、もしかすると、上手に2本の足でファンクションキーを押してしまったのかもしれない。

そんなことは良くある。

ということで、「Fn」+「F5」のファンクション機能でWi-Fiを有効にしてみるが、何の反応もない。

原因がよく分からないのでWi-Fiのアイコン上で右クリック。

問題のトラブルシューティングを開いてみる。

SnapCrab_NoName_2017-3-24_20-36-55_No-00

すると、ワイヤレス機能を有効にする方法として、ファンクションキー以外にコンピュータの前面または側面のスイッチを使用する方法もあるらしい。

SnapCrab_NoName_2017-3-24_20-10-57_No-00

ということで、lenovoの前面を見てみたら、なるほど、Wi-Fiの切替えスイッチらしきものがある。

photo1490356950820

ということで、切替えてみると、無事にネットに接続できるようになった。

SnapCrab_NoName_2017-3-24_21-30-42_No-00

たぶん仕事場から自宅にlenovoG550を持って帰る際、カバンに入れる時か出す時に、スイッチに何かあたって切り替わってしまったのだろうと思う。

それにしても、どうしてファンクションキーだけでなく、物理的なスイッチまで用意されているのだろう?

それはよく分からないが、とりあえず、問題が解決して良かった(^^)

広告

シェアする

広告