なぜ体調が悪くなるかは分かっている。

OOK85_hanatumari20150314132713_TP_V

ここ最近、「春」ということもあってか、体調が思わしくない。

しかし、体調不良が「春」のせいだけでないことも重々承知している。

分かってはいるが、ついつい、というのが人間の人間たる所以。

とはいうものの、人生も折り返し地点を過ぎた。

残る人生、1日1日を大切にしたい。

体調不良なまま1日を過ごすのは実にもったいない。

自分の心がけで、少しでもそのような状況を減らすことができれば、それに越したことはない。

ということで、何が体調不良の原因となっているのか。

それを改善するためにはどうすればいいのか。

ひとり反省会をしてみる。

広告

睡眠不足

PAK82_deskdeneochi20140125-thumb-autox1600-17697

若い時から睡眠不足に弱い。

徹夜なんて、できなかった。

高校時代の友人には2~3日徹夜で遊んでも全然平気なんてのがゴロゴロいたが、私にはそれが、到底信じられなかった。

徹夜を全然したことがないわけではないが、数える程しかない。

一度は高校の夏休み。

ドラクエに夢中になって、気づいたら夜が明けていたのが1回。

大人になってからは「躁」の症状が酷かった時。

布団の中に入っていたものの、目がギンギンで、夜明けまで起きていた。

覚えているのは、その2回ぐらいだろうか?

とは言うものの平均睡眠時間は6~7時間あれば十分。

ただ、これが5時間程度になると、つもりつもって、体調不良になる。

頭痛、倦怠感に悩まされ、そこから本格的に風邪を引いたり、精神的に不安定になる。

分かっているのだが、家に帰ってなんやかんやしてると夜12時を回ってしまう。

次の日は、娘のために弁当を用意しないといけないので大体6時起。

となると5時間程度の睡眠時間になる。

6~7時間の睡眠と1~2時間程度しか違わないわけだが、積み重なると結構なダメージになるのだ。

また、同じ6~7時間寝るのでも、夜12時をまわってからの6~7時間と、夜11時頃になってからの6~7時間、さらには夜10時ぐらいに寝るとでは体感的に違う。

ということで、今日から夜は9時には床に就き、軽く読書をし、夜10時には眠りにつくようなライフスタイルにしたい。

そして、翌朝は5時に覚醒するのが理想。

ついつい、夜遅くなってしまう原因のほとんどは、ブログの更新だったりするので、ブログの更新は夜にはしないことにする。

するなら、朝、早起きしてから。

ただ、朝早く起きる自信がないので、夜のうちにしようとなってたのだが、早く起きてブログ更新ができなかったとしても、体調が悪くなるよりはましと割り切ることにする。

体調が良い時に記事を書いたほうが、しっかりとしたものが書けるはず。たぶん。

食べ過ぎ

150711039221_TP_V

一時期、少食にしていた時は、体調が良かった。

便通も良いし、昼間も眠くならないし、これをず~っと続けるつもりであった。

しかし、いつの間にか食べ過ぎの習慣に舞い戻っている。

よい習慣はなかなかか身につかない。

身についたと思っても、すぐに失われてしまう。

しかし、悪い習慣はすぐに身につくし、なかなかそこから離れられない。

困ったものだ。

何がキッカケで、少食の習慣が損なわれてしまったのか、はっきり思い出せない。

良くあるパターンとしては、出張などで一定期間、外に出たときに、それまでの良い食習慣が失われてしまうパターン。

あとは、今日だけ、とか、明日調整すればいいや、とか一週間で調整とか、そんなことが続いて、ずるずると食べ過ぎの習慣に戻ることも。

いい加減「あとで調整」なんて、私にはできないことを自覚しなければ。

目の前にお菓子などがあると、私はついつい無意識のうちに、食べてしまう。

目につくところには食べ物を置かないようにする。

急にお腹がぐっと減って、発作的に食べすぎてしまうこともある。

そんな時に、沢山食べても太らない食べ物を常備するのもいいかもしれない。

そんなこんなで意志の弱い自分を見越した上での対策が必要だ。

今現在は1日1食を目指して、とりあえずは、朝食を食べないようにしている。

朝食抜きは健康に悪いという人もいるが、私の場合は、朝食を食べる生活と、朝食を食べない生活とを、それぞれ長期的に、何度が比べてみたが、最終的には朝食は食べないほうが体の調子も心の調子も良い。

これだけは、比較的楽に続けられそう。

運動不足

amaG0I9A8314045135013_TP_V

運動不足も体調不良の一因だろう。

朝と夕の二回、イヌの散歩には言っているが、合計しても1時間弱程度。

これでは運動したうちにならない。

去年だったか、一昨年だったか、2~3ヶ月運動公園で夜走るのを日課にしていた時期があったが、その時は確かに体調が良かった。

比較的寒い時期だったが、運動をしていると体が温まる。

それも、その時温まるだけでなく、比較的長い時間体が温かい状態が保たれる。

私は寒がりであるが、運動を習慣化していた時には、まわりの人が寒いといっていた時期にもそんなに寒いと思わかなった。

それには、良くも悪くも体内に熱をためやすいという私の体質も影響しているのかもしれない。

冷え性改善にも運動の習慣は是非とも復活させねばと思う。

今現在は細切れ時間を用いて、スクワットや腕立て伏せはしている。

加えて、寝る前と起きてからのストレッチ運動をしていきたい。

スマホ依存

TSU_chikakuniirukedokaiwahazenbu_TP_V

最近の体調を悪くしている原因にスマホ依存がある。

別にスマホでゲームをしているというわけではなく、主に、ブログになるネタを捜していたり、また、実際にメモ帳等を利用してブログ記事の下書きをしていることが多い。

それにしても、常にスマホと手にし、それがないと落ち着かないという状態はあまりよろしくない。

布団の中でも記事を書いたりしていた。

それはそれで、時間の有効利用にはなるが、ずっとスマホの画面を見ていては気分が悪くなる。

それに、私はスマホを持っていると、つい、足繁くブログの管理画面に行ってみたり、アドセンスの管理画面に行ってします。

そして、一喜一憂するのだ。

それは精神衛生上よろしくない。

ということで、脱スマホ宣言をする。

もちろん、仕事にはスマホが不可欠な部分はある。

完全にスマホを使わなくなるわけではないが、お菓子と同じく、普段は目につかない場所にしまっておく。

目の前にあるから、つい、いじってしまうのだ。

で、調べ物をしてると、さらに、そこから調べたいことがでてきて、ずっと検索しているとか、そんことになってしまう。

それで様々なブログネタは収集できても、最終的に収拾がつかなくなることもままある。

何よりも、スマホをいじり過ぎて具合が悪くなるのは本末転倒。

それは完全なスマホ依存。

スマホとの適度な距離を保ちつつ、快適なスマホ生活を送る工夫が必要だ。

まとめ

以上、ひとり反省会で決まったことは以下のとおり。

1.睡眠不足解消~夜9時には布団に入る(10時には入眠できるように)※8時以降はスマホもパソコンも触らない

2.食べすぎない~朝食抜きを続ける。お菓子等の食べ物を見えるところに置かない。

3.運動不足解消~細切れ時間の運動を続ける。朝と夜のストレッチを加える。

4.脱スマホ依存~スマホを目につくところに置かない(普段はカバンの中)。スマホでしかできないこと以外はパソコン等でする。

広告

シェアする

広告