誰でもできる簡単な釣りから始めたい!そんな人にはソフトルアーでのカサゴ釣りがオススメだ!

「海釣り」をしてみたい。

でも、まわりには「釣り」を教えてくれる人がいない。

一体、どこから手をつけたらいいのだろう?

そんなふうに思っている人も結構いるんじゃなかろうか?

実際、私はそんな感じだった。

そんな私が「釣りの入門」的な本を買い、見よう見まねで釣りを始めたのが10年前。

あれ以来、誰にも釣りの手ほどきをしてもらったことはない。

けれども、今まで、マアジ、メッキアジ、サゴシ、セイゴ、カサゴ、カマスなどなど海の小物たちをゲットして来た。

大物は狙わない。

内蔵や鱗を取ったら、そのまま魚焼きグリルにポンっと入れられるぐらいの大きさがベスト。

それでもたまに誤ってチヌやスズキなどの大物がかかってくることがある。

それはそれでアドレナリンがどばっと出て楽しい。

「釣り」は意外に簡単で安上がり。

もちろん、どのような魚種を釣りの対象にするか、また、それにどれだけ本格的に取り組むかによって、予算も難易度も変わる。

しかし、私のようにちょっと空いた時間に釣り場に行って小物と戯れる程度の釣りだったら、お金も時間もそんなにかからない。

ということで、これから海釣りを始めてみたいと思っている方にオススメの釣りを1つ紹介する。

それが・・・

広告

カサゴ釣り

013787
(出典:Web魚図鑑)

カサゴは釣りになじまない人が「魚」と言われた時にイメージするそれとはちょっと違うかもしれない。

しかし、よく見ると可愛らしい魚。

都会では意外に高級魚だったりする。

身は少ないが、味噌汁に入れても、煮付けにしても、唐揚げしても、非常に美味しくいただくことのできる魚なのだ。

小さくても引き味はなかなかのもの。

体長は約30cmぐらいまで成長する。

しかし、実際に私が通っている漁港で釣れるのは15cm前後が多い。

20cmあれば良型という感じだ。

私が今まで釣り上げた中で1番大きかったのは32cmがだ、30cm超えはその1匹のみ。

その次に大きかったのが28cm。

仕掛け

カサゴを釣る時の仕掛けと方法は拍子抜けするぐらいに簡単だ。

エサとして使うのはソフトルアー(ワーム)と呼ばれる、いわゆる疑似餌(ぎじえ)。

それをジグヘッドというオモリとハリが一体化した釣針につけるだけ。

(出典:ルアーでポン

これを堤防や港湾の壁沿いに落としこむ。

もちろん、竿とリールと糸があることが前提だ。

ワーム付きのジグヘッドだけ海に落としても何も釣れない。笑

ジグヘッドの着底と同時にチョチョンと竿先を動かして誘いを入れる。

すると、そこにカサゴが居さえすれば、バクっと、その大きな口で食らいついてくる。

後はリールを巻き上げればいいだけ。

本当にそれだけで釣れる。

もちろん、他にも細かい部分で気をつけるべきことはあるが、上記のことだけを教えれば小学校低学年の子どもでも本当に簡単に釣り上げる。

時には、底のほうではなく壁にカサゴがへばりついていて、ジグヘッドが着底するまでにワームに食らいついてくることもある。

そんな時は、ハリにかかった瞬間が分かりにくいかが、それも、やっているうちにだんだん分かってくる。

高い道具は必要ない

竿やリールについてはそんなに高いものでなくてもいい。

私なんか今でもカサゴ釣りに使っている約180cmのロッド(竿)は1980円程度の代物だ。

そこらへんで釣るカサゴなどの根魚だったら全然いける。

竿に関してはメーカー製にこだわる必要はない。


プロマリン(PRO MARINE) PG バスレンジャー 602S-ML

ただ、リールに関しては、始めからダイワやシマノなどメーカー製の品を購入することをオススメする。


シマノリールアリビオ 2000 2号糸付

メーカー製と言っても3000円程度。

そんなに、高い買い物ではない。

釣具屋さんに行くと1000円以下の竿や、2000円程度の糸付きリールがあるかもしれない。

もちろん、それでも釣れる。

しかし、そのような価格帯で売られている製品は、ロッドのつなぎ目がすっぽ抜けたり、リールの動きが悪かったりと粗悪な品が多い。

それって結構ストレス。

上記に紹介しているリールは糸付きだが、糸は別に購入しておいたほうが良いだろう。

カサゴ釣りだったら、糸はナイロンの2号(8lb)ぐらいで大丈夫。

ジグヘッドは1/8オンスぐらいが私は1番使い勝手がよい。


パーフェクトジグヘッド TYPE-ROUND 3.5g #2 FF157

ソフトルアー(ワーム)に関してはカサゴは大概どんなものでも食いついてくるので、正直なんでもいいが、一応、カサゴ専用のワームもある。


カサゴ職人ロックマックス

ということで、これでカサゴを釣るために最低限必要な道具は揃った。

全部で6~7000円で揃うと思う。

一端道具を揃えれば、とても安上がりな趣味に

一度、道具を揃えてしまえば、竿やリールが壊れない限り、1回の釣行にかかるお金は500円程度。

ハリもワームも無くさなければ0円で魚をゲットすることだってある。

こんなに手軽で安上がりで、楽しくて、しかも美味しい趣味はない。

ああ、書いているうちに、釣りに行きたくなった。

ここ最近、まともに行けてないのだ。

今度は、実際にカサゴ釣りに行った時の様子を投稿したい。


改訂版すぐ釣れる! 堤防からのソルトルアー

広告

シェアする

広告