【メモ】Dellノートパソコンのタッチパッド機能を無効(オフ)にする[Windows10]

notebook-1971495_960_720

タッチパッド機能が有効になっていると、キーボード入力をしている際、ふとした拍子にタッチパッドに手が当たってしまって誤入力をしたり、カーソルが思わぬところに移動したりして、イラッ、とすることがある。

マウスをつないで操作している時はタッチパッドは必要ない。

タッチパッドが有効になってるがゆえの誤入力は結構ストレス。

普段はタッチパッド機能は無効にしているのだが、Windows10を最新の状態に更新した時にタッチパッド機能がなぜか有効になってしまった。

自宅で使用しているレノボ(Lenovo)のノートパソコンではファンクションキーでタッチパッドの有効無効をすぐに切り替えることができる。

しかし、仕事場で使用しているデル(Dell)のノートパソコンではタッチパッドを無効化するためには設定ソフトを起動しないといけない。

久しぶりにタッチパッドの設定をいじるので、設定ソフトの場所がどこか忘れてしまい余計な時間を要した。

ので、メモる。

広告

タッチパッド機能を無効にする手順

まずは検索窓に「touchpad」と入力する。

「マウスとタッチパッドの設定」が候補に表示されるのでクリック。

2017-05-17_11h56_12

関連設定のすぐ下にある「その他のマウスオプション」をクリック。

2017-05-17_11h23_44

マウスのプロパティの「Dllタッチパッド」タブの下部にある「クリックしてDellタッチパッドの設定を変更します」のリンクをクリック。

2017-05-17_11h23_56

Dellのタッチパッドの設定のソフトが立ち上がってくる。

タッチパッドのオン/オフだけでなく、ポインタの速度やタッチの圧力などを変更できる。

設定項目には「パームリジェクション」という設定もある。

聞きなれない言葉かもしれないが、これは「手のひらがパッドに触ってしまっても、入力とは認識せず無視する機能」。

その感度も設定できる。

まあ、私の場合はタッチパッド機能をオフにしてしまうので、これらは何の関係もないが。

ということで「タッチパッドのオン/オフ」のスイッチをクリックして切り替える。

「保存」をクリックするのをお忘れなく。

2017-05-17_11h33_22

以上で、タッチパッドの機能が無効になった。

2017-05-17_11h25_07

これで、また誤入力に煩わされず、快適にキーボード入力をすることができる。

めでたし。

広告

シェアする

広告