たまにはブログをなんとなく更新するのも悪くない

いつもは、ノートパソコンに向かい、ブログエディタを利用し、文字数を気にしながらブログ更新をしてる。

しかし、本日は布団の中でiPhoneを片手にWordPressアプリを利用して、文字数を気にすることなくブログ更新中。

とくにキーワードを決めるでもなく、ダラダラと…

たまには、こんな感じでブログを書くのも悪くない。

もともとブログはちょっとした気分転換に始めたもの。

書き続ける中で文章能力も多少上がればいいねぇとか、認知症予防になればいいねぇぐらいの軽い気持ちで。

今はブログで生活できるぐらいの収入が得たいなんて欲がでてきて、少し気負ったりすることがなきにしもあらず。

しかし、ブログを始めた当初の、楽しむ心は忘れないようにしたい。

私は凡人の中の凡人。

生活できるぐらい稼げるようになるには10年くらいかかるかもしれない。

飽きっぽく、根性がない人間が何かを続けて行こうと思うなら、やはり、楽しみながらじゃないとムリ。

だから、ホントは気が向かない時は書かなくてもいいかな?ぐらいに思ってるんだけど、性格上、1回更新を休んでしまうと、次に記事を書くのがすごく億劫になってしまう。

だから、書くことがなくとも、こんなふうに、なんとなくでもいいから毎日なにかしら書いたほうがいいかな?と思っている。

ここまで読んでくれた方には申し訳ないが、何か気のきいた結論があるわけではない。

今日は「書くことがなくても書く」という訓練のための記事。

書き方としてはモーニングページ形式と言えるかもしれない。

モーニングページでは、とにかく思いついたことをただただ書いていく。何も思いつかないなら「何も思いつかない」と書く。

その後は「どうして思いつかないのか?疲れのせいか?それとも…」みたいな感じでつらつらと書いていく。

とにかく「書くことがない」ということは絶対にない。そのことを胸にしっかりと刻みつつ、また明日から真面目にブログ更新に取り組もうという決意を新たにするのである。

とにかく10年は更新し続けたい。それでも稼げなかったら自分にはブログで稼ぐ才能がなかったと諦めもつく。

それにそこまで続けたら、それからもブログ更新を続けることだろう。

そこを目指して、今日も明日もブログ更新を淡々としていく所存である。

広告

シェアする

広告