散歩中に見かけた花。珍しい野草だなと思ったら、園芸種だったみたい。

上記写真は愛犬の散歩コースで見かける植物。

まるで猫じゃらしのような、ふわふわの赤い穂が、葉の間から唐突にあらわれたのは一ヶ月前ぐらいからだろうか?

今まで見たことがない野草だなと、ネットで調べて見たが、見つけきれない。

最後の手段とYahoo!知恵袋で尋ねたら10分程度で返信があった。

Yahoo!知恵袋ってホント便利だ。

結果、写真の植物は「キャッツテール」という園芸種だということが分かった。

「猫じゃらし」みたいと思っていたが、実際は「猫のしっぽ」という名前の植物。

きっと、近所の人が育ててたキャッツテールが野生化したのだろう。

赤い穂の部分は花とのこと。

それにしても可愛らしい植物だ。

寒さには弱いようだが、温暖な気候下では越冬もするらしい。

ということは、近所に咲くキャッツテールは越冬したのかな?

心に余裕があれば、キャッツテールを鉢に植え替えて、世話して見たい。

が…

今のところ体調が思わしくないので、それは辞めておこう。

すぐに枯らしてしまうのがオチだ。

まずは、庭と畑の草刈り。

話はそれからだ。

今のところ、畑は草ぼうぼうでこんな感じ。


個人的には自分の庭に様々な野草が繁茂するのは嫌いじゃない。


むしろ、好きだ。

みんな可愛らしい野草。
雑草という感覚はない。

しかし、一般的にはそんな庭は好まれない。

借家だし、大家さんも時々様子を見に来られる。

なんとかしないといけない。

そのためにも早く体調が良くなればいいのだが…

やはり、本格的な長期断食をせねばならぬか。

そのために少しずつ食事の量は減らしているが、本心としてはやりたくない。

でも、体調的にはやらざるをえない。

うーん、揺れるおっさん心なのである。

広告

シェアする

広告