理想が高すぎて結婚できない人たちへ


一見、魅力的なのに、なかなか結婚できない人がいる。

その人と話してみても、特に何か問題があるようには感じない。

周囲も、どうしてあの人が?と不思議に思う。

しかし、いざ「結婚」を話題に話してみると、ははあ、そういうことかとなる。

理想が高すぎるのだ。

広告

撫で肩は嫌だと( ゚д゚)

知人女性もそのひとり。

相手の容姿が少しでも自分の好みと違うと結婚の対象から外れる。

たとえば「撫で肩は嫌!」とか。

私はそれを聞いて

はあ( ゚д゚)?

となったが、みなさんはどうだろう?

その他は結婚相手としての条件を十分に満たしていても、たったそれだけでダメらしい。

もちろん、容姿の好みというのはあろう。

しかし「撫で肩」ってだけで、相手を結婚対象外としてしまうのはどうなんだろう?

そんな態度がその人から「結婚」を遠ざけているのは誰の目にも明らかだ。

何様だと思ってるの?

知人女性の例は、ちょっと極端かもしれないが、理想が高い人は、条件が多い上に、一つ一つの条件が厳しい。

聞いてると、そんな条件を満たしている人なんて世界中探してもどこにもおらんわ!〇ケ!

ジャンボ宝クジに当選するほうが確率が高いわ!ボ〇!

と、愛猫のお腹の真ん中あたりで自分の口を塞いで叫びたくなる。

一体、自分を何様だと思ってるのだろう?

まあ、イロイロと相手に条件をつけている時点で、その人は傲慢な人間じゃなかろうか?

自分を相手よりも上に置き、よし選んでやろうじゃないか的な立場でモノを言ってるんだから。

相手にだって選ぶ権利はあるんだぞ。

そんなんじゃ「私のことを選んでくれてありがとう」なんて殊勝な気持ちなど湧いてくる余地もない。

結婚は妥協

本気で結婚したいと思うなら、相手に多くは求めないことだ。

よしんば、好条件の物件を入手できたとしても、そんな人はさらに多くを相手に求めるだろうから、相手もしばらくすれば辟易してくる。

そんな結婚、上手くいくはずがない。

自分も含めて完璧な人なんて誰もいない。

「結婚」したければ、いい意味での「妥協」が必要だ。

条件は最低限に

たとえば男性が結婚相手の女性に求める条件として、こんなのはどうだろう。

1.一緒に居てリラックスできる
2.家事がキチンとできる
3.性格が穏やか

上記、三つの条件だけに絞れば、対象の幅が広がり、結婚できる確率は高まるだろう。

見ていただいて分かるとおり、そこに容姿的な条件は入っていない。

容姿で人を選ぶなんて、わたしは〇ソのすることだと思っているので、そんなことはしない。

ちなみに私の場合、結婚相手に求めた条件は以下の3つだ。

1.クリスチャンであること
2.私の弱点を補ってくれる人
3.芯の強い人

だから、たとえば「一緒にいてリラックスできる」とか「家事ができる」とか「穏やか」だとか、そこらへんの条件は満たしてなくてもOK!

もちろん、それら条件も満たしてくれるに越したことはないが、満たさなかったとしても、それはそれ。

文句は言わない(ようにする)。

私だって、妻にイロイロと我慢してもらってるわけだし、お互い様ってことで。

最後に

他にも言いたいことはあるが、これぐらいにしておこう。

とにかく、結婚相手にあまり期待しないこと、さらに言うなら「結婚」そのものに、あまり期待しないこと。

それぐらいのほうが結婚生活は上手くいく。

以上、私の体験から。

広告

シェアする

広告