私が好きなことは「考えること」もしくは「思い巡らすこと」である。


今までは考えたり、思いめぐらしたりすることを自分の「好きなこと」として意識したことはなかった。

それを意識するようになったのは、たぶん以前の記事でも書いたと思うが、つい最近のこと。

また「思考」を言語化する作業としての「書く」は「思考」を深めるための道具。

そんなことも思うようになった。

今や「書く」という行為は自分にとって快楽になりつつある。 

このことだけでもブログを続けてきてて良かった。

今まで、日記さえまともに書き続けられなかった人間だが、ブログはこうして書き続けることができている。

もちろん、ブログも何度も挫折してきたが、それでも、なぜか諦めきれず、その度に戻って来れた。

今はこうしてブログで文章を書いているときが1番心が落ち着く。

逆に言うと、書いていないと落ち着かない状態になりつつある。

もしかすると「書く」という行為に依存してしまっているのかもしれない。 

もともと依存症になりやすいタイプであるとは自覚している。

書くことに依存してしまってる可能性は十分にある。

これも、いわゆるブログ中毒、ブログ依存症の範疇に入るのだろうか?

しかし、将来は文章で稼ぎたいと思っているので「書く」ことに依存するという意味でブログ依存症になるのは願ったり叶ったりだ。

これで、呼吸をするように文章を書くという状態に少しは近づいたのではないだろうか。

とはいえ、まだまだ、ただただ思いつくままに駄文を垂れ流しているようなレベル。

とても堂々と人様に披露できる文章でも、お役に立てる文章でもない。

しかし、それでも書き続け、投稿し続けようと思う。

そのうち、また見えてくるものがあるだろう。

とりあえずは、ブログ記事を書くことに充実感を覚えるようになったこと。

また「書く」という行為がほぼ習慣化したこと喜ぶことにしよう。

これからは、とにかく「書く」ことを人生における最優先事項にし、そこに全ての焦点を当てることにする。

そのためにも、読書もさることながら、見聞を広めることも大切だろう。

人とのコミュニケーションは不得手で、出来るだけ、それを避けてきた人生ではあるが、「書く」ことを目的にしたら人の会うことに、多少は積極的になれるかもしれない。

そんなことも思ってる。