ナナフシって何回見ても異次元な生き物だよね。※注:虫が嫌いな人は見ないでね。


朝、掃除のためにベランダに出ると、一昨日あたりに小窓から落ちた網戸の枠に変な生き物が…


こ、これは…Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

ナナフシだね。

田舎だったら普通にそこらへんにいる虫だと思うけど、見るたびに、なんだか異次元な生き物だ。

人間で言えばアンガールズの両氏のような雰囲気。

それに、このナナフシは前足をピーンと顔の前に伸ばしてるので、図鑑で見るナナフシと感じが違う。

それがまた異次元の度合いを高めている。

宇宙だ。


しかし、個人的には、是非、図鑑で見る姿になって欲しい。

(いや、それにしても網戸が汚いな)

でも、虫を見るのは好きだが、触るのはちょっと、あれだ。うん、あれだ。

ので、そばにあった針金でツンツンして、伸ばした両腕を通常の位置に戻してもらった。


そうそう、そんな感じ。

とは思ったが、細長いカラダでノソノソと動くその姿はなかなかキモい…

心の中はヒーッ:(;゙゚’ω゚’):である。


ハーッ:(;゙゚’ω゚’):である。

草食性の大人しい虫なんだけどね。

見た目でちょっと損してるところあるよなあ。

ま、ナナフシさんはそんなことは全然思ってないんだろうけど。

まあ、それはそれとして、ナナフシさんにとっては、ずっとここにいても、あんまりよろしくないのでは?と思ったので、勇気を振り絞って、その細身の体をふんっと掴んでナナフシさんが好むかな?と思う草の上にのっけてあげた。


うん、一日一善。

朝からいいことをした(^ω^)

なんて思ってたけど …

後から考えたらナナフシさんは木の枝に擬態してるわけだから、それっぽいところにおいてあげたほうが良かったのかな?

私がナナフシさんをおいてあげたところは、鳥などから見たら、結構目立つとこにおいてしまったんじゃないかな?

午後の3時休憩を取りながら、今更そんなことを思っている。ひょっとしたら私のしたことは余計なことだったのかもしれない。

すまん、ナナフシくん、赦して。

鳥さんに食べられちゃったかな?

悪気はなかったんだよ〜(T ^ T)

ごめんね〜〜

広告

シェアする

広告