アプラス(クレジットカード会社)から不正なカード利用の報告があった(@_@)


今日の昼過ぎ。

アプラス(クレジット会社)から妻に電話があった。

アプ「今朝12万円の買物をネットでされようとしておられましたか?」

「いいえ、してませんが…」

アプ「そうですか。その取引はセキュリティーコードの入力がなく不成立になってますので、ご安心ください。」

妻は、その電話自体が詐欺かも?ということで、担当者の名前や、会社の所在地等を尋ねたそう。

(さすが、しっかりしてるぅ(^ω^)私だったらすぐ相手を信用しちゃって何も尋ねないかも)

そうすると、ああ、それはそうですよね、とキチンと対応をしてくれた。

コチラの住所や電話番号などの他にも細かい個人情報も把握していたので詐欺ではなさそう。

大概の詐欺電話はここらへんで判断がつく。

もちろん、巧妙なのもあるから、それで絶対大丈夫とは言えないが…

ということで、最終的にはカード番号を変えることをオススメされた。

ただ、それは、あまり使ってないカードだったので、この機会に解約することに。

アプラスさんの話では、自分たちのところでも今年の4月から1円単位で不正なログインを試みようとする動きが多数散見されるということだった。

が、1円単位でログインって何よ?

何のことかよく分からなかったので、ネットで調べて見ると、カードの有効性を確認する為に行う「1円オーソリ」なる行為があるらしい。

「オーソリ」とは「オーソリゼーション」の略で「信用承認、販売承認」などという意味。

具体的にはそのクレジットカードが本当に有効かどうかをカード会社に確認する作業のこと。

「オーソリをかける」などと言ったりするらしい。

お店などの決済端末から電話回線やインターネット回線などを通じて行われるらしいが、それを1円単位でしているのが「1円オーソリ」という理解でいいのだろうか?

Yahoo!の知恵袋などでも見覚えがない1円の請求があったけど、これ何?みたいな質問がされていたが、たぶん、それを外部の誰かが不正に「1円オーソリ」をやってるってことだよね。

それで請求が来てる場合はセキュリティーコードまでも相手にバレてしまってることになるので、利用停止などの処置を早急にしなければならない。

それにしても、今回はセキュリティーコードまでは破られてなかったので良かったが、それ以外の妻のカード情報は全てバレてしまっていたことになる。

パスワードをプログラムでランダムに調べるという手口は聞いたことがあるが名前やカード番号もランダムに入力して色々と試しているのだろうか?

そこらへんが分からないと根本的な対策ができないのかな?

クレジットカードを持たなければそんな心配はしなくてもいいのかもしれないがきょうびカードを持たないで生活するのは不便すぎる。

さて、どんなふうに気をつけるべきか?勉強しなきゃだ(`・ω・´)

広告

シェアする

広告