散歩中にマイマイカブリを見かけた。※注:虫嫌いな人は見ないでね。

朝、愛犬の散歩をしていると、愛犬が何かに反応してガサっと草むらに飛び込んだ。

すると、そこからトコトコトコと出てきたのが写真の虫だ。

(撮影場所が悪く、シルエットがはっきりしないのが残念)

お、これはマイマイカブリと言うやつじゃないか?

たしか子供の頃、学研かどっかが出してた「昆虫の秘密」だったかで見たことがある。

カタツムリ(マイマイ)を被るようにして食べるから「マイマイカブリ」と命名されたんだよな?

そんなに動きが速い虫ではない。

私でも簡単に捕まえられそうな感じ。

手で捕まえようかな、と一瞬思ったが、あまりよく知らない虫なので、やめといた。

後から調べてみると、マイマイカブリは身を守るためにお尻から強烈な悪臭を放つ酸を放出するらしい。

下方だけでなく、上方にも酸を放出できるようで、それが目にでも入ればなかなか悲惨なことになりそうだ。

触らなくて良かった( ´_ゝ`)

ところで、このマイマイカブリ、日本では全国に分布する虫。

決して珍しくはない。

しかし、オサムシの仲間の中ではマイマイカブリは日本固有種で、世界的にみると珍しい虫。

そのため、愛好家もいるそう。

また、日本では珍しくない虫といっても夜行性の虫なので、田舎でも昼間に目にすることはあまりないのではないだろうか?

私もマイマイカブリを見たのはこれで、たぶん2回目。

前回見たのはいつぐらい前だろう?

思い出せないぐらい昔なのは確かだ。

都会に住んでいたら一生見ることのない虫だろう。

手鎌で草刈りをするごとに、当たり前のように肩に留まるナナフシ。

朝の散歩で、思いがけず遭遇するマイマイカブリ。

田舎は虫好きにとって、たぶんパラダイス。

私は虫好きってほどでもないが、それでも、なかなか楽しい。

それだけでも、田舎に越してきて良かったと思える。

余裕が出てきたら、虫たちの写真も撮りたいなと密かに思ってる。

虫や野草を綺麗に撮るためにはどんなカメラが必要なんだろう。
とりあえずは、接写機能に優れたカメラが必要になるのかな?

また、時間がある時に調べてみよう。

広告

シェアする

広告