ライフジャケットは必ずつけて!幼なじみを亡くした男より。


夏は水難事故が多発する。

実は、私の幼馴染も、つい最近水難事故で亡くなった。

ライフジャケットさえつけていれば、きっと助かっていたのでは?

と思うと非常に残念だ。

彼は泳ぎが得意で、事故があった場所も遊び慣れたところだった。

まさか、こんなところで、なぜ?と思うような事故。

しかし、ライフジャケットはそんな万が一に備えて装着するもの。

面倒くさいだとか、大丈夫だから、だとか、恥ずかしいだとか、そんならつまらない理由でライフジャケットなどを装着していなかったことが「死」につながったなら、それは残念なことだ。

私は小心者なので、そもそも、ライフジャケットを着なければならないようなところには行かない。

しかし、それでも年に2、3回は川遊びに行く。

せいぜい腰までの深さしかないところではあるが、それでも、万が一ということは考えられる。

釣りも足場の良いところ、落ちてもすぐに上がれるところを選んでるつもりではあるが、意外なところに危険が潜んでるかもしれない。

今一度、そういった意味での身近な危機管理も含め、総合的に危機管理について考えて行きたいと思っている。

今日、帰りにヘッドライトが片方切れていたのに気づいたが、たぶん、もう少し前から切れてたはず。

最近、クルマに関するチェックも怠っている。

とにかく、ちょっとした油断が、大きな悪い影響を私たちに及ぼすことがある。

人生、絶対大丈夫ってことはない。

十分に気をつけて行きたい。

広告

シェアする

広告