ハイゼットカーゴのヘッドライト交換にコバックに行って来た。

ハイゼットカーゴの左側のヘッドライトが切れてしまった。

自分で替えてみようかと思ったけど、ネットで調べてみると、なんか、面倒そう。

ハイゼットの場合、バンパーも外さないといけない感じ…

外さなくてもいけるという情報もあるが、それでも、ライト交換をしたことがない自分にとっては敷居が高そう。

ので、車検でもお世話になってるコバックで替えてもらうことにした。

片方の電球交換の料金は工賃を含めて2700円(税込)とのこと。

コバックに来る途中に立ち寄ったガソリンスタンドで、電球交換にかかる料金を聞いた時もその値段だったので相場なのだろう。

受付の方にランプ交換してるところ見学してもいいですか?

と尋ねたら、どうぞどうぞ、と案内してくれたが、実際に作業に当たってくれる整備士さんは、あ、ああ…みたいな感じで迷惑そうだった。笑

まあ、作業してるところを人にジロジロ見られるのって、そんなにいい気はしないよね。

でも、どんなふうに交換するのか見たかったので、思いっきりジロジロ見させていただいた。笑

プロの方で慣れておられるのだろう。

バンパーを全部外して作業をされることはなかった。


ライト周りのボルトを外してから、バンパーを留めてる正面のボルトも2つぐらい外し、バンパーをちょっと前に出してたのかな?

 で、手が入る隙間を作って、うーん、ってライトユニットの裏側に手を差し込み、電球を交換する感じ…たぶん。

こんなふうに書くと、簡単そうだけど、手慣れている整備士さんでも、この状態で電球を替えるのは、まあまあ大変そうだった。

ネット上でのハイゼットのヘッドライトユニットの外し方はこちら、交換の仕方はこちらが参考になると思う。

リンク先ではバンパーを外すことなくガポっとヘッドライトユニットを外す方法が紹介されている。

電球の交換自体はヘッドライトユニットをガポっと外してしまったほうが簡単なんだろうが、作業自体は今回コバックの整備士さんがされた方法が1番早いのかもしれない。

ただ、それは慣れていればの話しで、私があの格好で防水ゴムカバーを取り外したり、電球を交換したりの作業をしたらかえって時間がかかりそうだ。

もちろん、自分で交換したら、もっと安くなるだろうが、今回はプロの方に頼んで正解だった。

ところで、私は片方のヘッドライトの電球が切れたら、あと一方のヘッドライトも一緒に交換したほうが良いのかと思ってた。

大体同じ時期に電球が切れるのでは?と思っていたからだ。

しかし、コバックの方の話では片方の電球が切れても、もう片方の電球がすぐに切れるとも限らない。

ほとんどの方が切れたほうの電球だけ交換されすよ、とのこと。

へえ、そんなもんなんだと、この歳で初めて知った。

いや、たぶん、だいぶ前に聞いたけど、忘れてるだけかな?

初めてかのように改めて知った、というのが正解かもしれない。

ま、それはともかく、次回、ヘッドライトの電球が切れた時は、時間と心に余裕さえあれば自力での電球交換に挑戦してみたい。

広告

シェアする

広告