【販売商品】仕入値1000円→?音楽CD ビリー・ジョエル「ジャーニー・トゥ・ザ・リヴァー・オブ・ドリームズ」


ジャーニー・トゥ・ザ・リヴァー・オブ・ドリームズ

きちんと計算したことはないけど、うちの販売商品の半分ぐらいは音楽CDが占めているのではないだろうか?

時代的には音楽CDは売れなくなってる。

もう、しばらくすればダウンロード販売が音楽販売の形態のほとんどを占めるようになるだろう。

(もう、そうなってるのかな?)

広告

だから今が稼ぎ時

しかし、カセットテープがいまだ絶滅していないように、CDも絶滅することは少なくとも、あと10年はないだろう。

まだ、しばらくは一定の需要がある。

しかし、全体的にはその需要が減っている。

店には在庫が溢れ、店頭で処分価格で販売されることの多い現状。

それは、我ら「せどり」を生業にするものとしては願ったり叶ったりだ。

特に「せどり」以外、特にできることがあるわけでもない、私のような人間は、この機を逃してはならぬとの思いを強くする。

価格設定の妙

高値で売れるものは高値で販売する。

回転品は安値で、どんどん回していく。

それがセオリー。

しかし、その見極めが難しい。

欲をかきすぎて高めの値段設定してしまうと結局売れ残る。

今回、売れたビリー・ジョエルのCDは、そんな売れ残りの1枚。

在庫期間も優に一年は過ぎていたので、処分価格で販売することにして、価格調整したのが、約1週間前だ。

処分価格でようやく売れてくれた。

といっても、1000円の仕入で3800円の販売だから、決して悪くはない。

FBA販売での粗利は1850円ぐらいになるだろう。

6800円の粗利を期待して1年以上倉庫で寝かしておくより、1800円の粗利でも、1週間以内でどんどん販売して行くほうがいい。

単純計算ではあるが…

1年間を52週として1800円×52個=9万3600円となる。

値段を高く設定して1個の商品を1年待って6800円の益を出すより、安く設定して52個売って9万円以上の益を出すほうがいい。

当たり前のことだが、目先の利益に囚われると、そこらへんのところが、分からなくなってしまうことがある。

気をつけねばならない。

広告

シェアする

広告