あれ?これはちょっとクリスチャン的に不味いだろって商品が混じってた…


ルボー・サウンドコレクション ドラマCD レンアイ・アラカルト!

私は何を隠そうクリスチャン(隠してないけど)。

故に「せどり」で扱える商品には多少縛りがある。

たとえば、エロやグロはダメ、占いはダメなど。

そんな中、あれ?これダメなやつじゃん、っていう商品が紛れてて、それが売れてしまった。

それもなかなかの値で。

定価は3000円ぐらいの商品を1割程度の価格で仕入れ(新品)。

それが定価の60%増で売れてくれた(プレミア価格)。

しかし、売れた商品をよく見てみると、なんと…

ん?こ、これは…

ボーイズラブではないか…(゚o゚;;

な、なんでこんなものがうちの商品に紛れこんでいるんだ???

最近では同性愛に肯定的なキリスト教会も増えてきた。

牧師が同性愛者というケースはまだ多くはないが、それも珍しくなくなるのかもしれない。

しかし、聖書の教えは自体は完全に同性愛に否定的である。


教会でも原則的にはまだまだ保守的な立場を取るところが多い。

私が属する教派は保守的な中でも保守的なほうなので今回の商品はちょっと問題である。

大量に仕入れたりする時はそこらへんのところを見逃してしまうこともあるので、これからは気をつけなければならない。

売れるからといってこの類の商品を積極的に扱えば「同性愛」に対して賛成の意をあらわしてることになる。

もし、これを意図的にしたならば、神の祝福を失ってしまうと保守的クリスチャンは考える。

広告

シェアする

広告