大相撲2017年9月場所(秋場所)の優勝者を予想してみる。


本日から9月場所(秋場所)。

しかし、3横綱不在という、なんとも、盛り上がりに欠ける…いや、むしろ、かえって盛り上がるかも?

と、見る側もどんな心境で見ればいいのか戸惑ってしまう場所だ(^-^;

初日から3横綱が不在という状況は昭和以降初の事らしい。

そんな珍しい場面をリアルタイムで見ることができるのはある意味貴重かもしれない。

それにしても白鵬が不在だと「優勝候補」の見当が全くつかない。笑

番付から言えば日馬富士や高安が優勝候補にあげるべきだろうが、日馬富士も決して万全ではないし、高安も大関の地位ではまだその「強さ」を発揮できていない。

ということで、今回、私は平幕優勝を予想している。

そこで候補として考えているのが、栃煌山、碧山、阿武咲の3力士

※碧山は休場だった(*_*)9/11追記)

先場所(7月場所)、大いに活躍して土俵を沸かせた力士たちだ。

栃煌山は前頭5で12勝、阿武咲が前頭6で10勝、碧山が前頭8枚目で13勝を上げている

彼らが先場所の好調を維持していれば、今場所も活躍してくれることだろう。

その中でも、私が期待しているのは栃煌山。

というのも、先場所、インタビューで「今までと違って軸ができている」とのニュアンスの発言をしていたからだ。

残る2力士にも、もちろん期待してるが、阿武咲は上位にどれくらい通用するするか不明だし、碧山は押し相撲ゆえに並みに乗れるかどうか…

ということで、実力者栃煌山に安定感に期待し、今場所は栃煌山の初優勝を予想。

って、初日から栃煌山は日馬富士と対戦するんだね(゚ω゚)

これで、栃煌山が日馬富士に勝てば、私の予想も俄然現実味を帯びてくるね。

さて、どうなるか?

楽しみである。

広告

シェアする

広告