まさかコオロギの飼育と繁殖に挑戦してみようかしら?と思う時が来るなんて…


実は、ここ最近、秋の虫の音に急に興味が出てきた。
(注意※コオロギのアップの写真が掲載されてます。虫嫌いの方は、ここで離脱されることをオススメします^ ^)

そんなおり、タイミングよく「マツコの知らない世界」で「秋の虫の音を楽しむ」をテーマに番組が放送された。

それで、私も自分で鳴く虫を飼いたくなり、庭にワナを仕掛けて何匹かコオロギを捕まえみることに。

ワナはペットボトルの口のほうから1/3ぐらいを切り取って、それをひっくり返しただけの簡易なもの。

接合部分をテープでとめたりなんてしない。

カポってはめるだけ。

だって、面倒なんだもの。


中にはドックフードを入れてみた。

こんなんで、本当にコオロギを捕獲できるのかな?と思いつつ、夜に自宅の庭の草むらにセット。

翌朝見ると、なんとコオロギが3匹ほど、ペットボトルの中でピョンコピョンコと跳ねてるではないか。

(※写真撮り忘れたけど)

おお(°▽°)やったね!

しかし、よく見ると捕まったのは全部メス…

な、鳴かない…

…残念(´-ω-`)

そんな思ってたら、自宅の倉庫でコオロギを拾った。

おお(°▽°)ラッキー!今度はオスか?

と思ったら、デッカいメス。

たぶんエンマコオロギ。

たぶんね(゚ω゚)よく分からんけど…

でも、メスってことは確か。

倉庫に入り込んで出れなくなってしまったのだろうか?

少し弱ってるようなのでプラケースに入れて、もう捨てようかな?と思っていたニンジンをあげてみたら、カブリついていた。


それにしても、コオロギもよく見るとなんだかカワイイ…

オスが1匹でも捕まれば、繁殖させてみようかな?

…なんて思ったりして。

コオロギはそんなに飼うのは難しくなさそうだし。

エサはキュウリとかナスとかあげとけばいいんでしょ?

動物性タンパクもあげとかないと共食いするという情報もあるのでそこはカツブシとかイリコとかあげとけばいいのかな?

もちろん、飼育と繁殖とじゃ、全然違ってくるんだろうけど、まずは実際に飼ってみないとね。

子供の頃に親が一時スズムシを飼ってたことがあったけど、コオロギを飼うのは初めて。

今まではなんとなく色的にゴキブリみたいな感じで、そんなに好きじゃなかったけど、こうやって飼育ケースの中で、一生懸命に食べてる姿を見ると、なんだか、愛くるしく思えるのだから不思議なものだ。
もしかするとゴキブリも実際に飼ってみると可愛く思えるのかもしれない(飼う予定はないが…)

広告

シェアする

広告