ネット依存、スマホ依存を痛切に思い知らされる1週間だったなと…


先週、スマホもPocket Wi-Fiも通信制限に引っかかってしまい、今日までの1週間、低速回線に悩まれされつつ過ごして来た。

Pocket Wi-Fiはもともと契約プランのギガ数が少ないので普通に利用してても20日ぐらいで通信制限にかかってしまうのだが、スマホの通信制限(docomo)がかかるのは今回が初めて。

原因は、たぶん、私のネットラジオの利用しすぎ?

広告

意外と音声だけでもデータ量がある?

スマホのプランは家族で50GBをシェアするタイプのもの。

それを家族4人で使用してるが、普段だったら月末に少なくとも10GBは残る。

それで、月末は動画をたくさん見たりして余すことなく使い切るのが恒例。

それが今回は、月末になる1週間も前に制限のギガ数を超えてしまった。

先月はNHKラジオのアプリで大相撲秋場所の放送を聞いたり、radikoのタイムフリーで興味のある番組を聴きまくっていた(ような気がする)。

動画を見るわけではなく、音声だけだから、全然大丈夫だろうとタカをくくっていたのだ。

しかし、結果としては、音声でも聴きまくるとそれなりにデータを消費することが今回のことでよく分かった。

自分なりに計算してたつもりだったのだが…

低速回線では話にならない

それにしても、今の時代、低速回線ではまともにネット閲覧ができない。

文字だけのページだったら低速回線でもそれほど不便を感じることなく閲覧することができるだろうが、今時、文字情報のみのウェブサイトなんてほとんどない。

低速回線中は定期購読しているブログのチェックにもいつもの倍以上の時間がかかってしまった。

自分のブログ更新なんてする気になれない。ので、低速回線になってる間は割り切ってブログ更新はしなかった。

そして今日で、1週間、たった1週間、されど1週間。短いけれど長かった。

通信制限中は、かなりのストレスを感じつつ過ごすことになった。

ネット情報を得られないなら、この機会にアナログで情報収集をすればいいじゃないか!

…みたいなことには、残念ながら、ならなかった。

いや、多少は思ったが、実際はまともにページが表示されないスマホとにらめっこしてムダに時を過ごしてしまった。

そんな自分には自分でも呆れてしまったのはいうまでもない。

ネット依存、スマホ依存

そこまでして、ネットで情報を得ようとしなくてもいいのに…ネットの情報なんてあまり当てにならないのに…ホントにもう…と思いつつも、そうなってしまってるということは立派な「依存症」だろう。

そして、月変わりの今日、どれだけネット依存になってることかを痛感しつつも、通信制限解除にえもいわれぬ解放感を味わっている。

と同時に、自らのスマホ依存にも危機感を覚えていることもまた事実。

ネットやスマホは私の生活に革新的な利便性を与えてくれたが、果たして、その利便性が本当に生活を豊かにしてくれたのか?と考えると複雑な思いがする。

便利になれば便利になっただけ、新たな問題が増えていく。

スマホなんてなくても生活できるのに、なくてはならないかのように思って生活しているなんて、なんか変だな…

…と思いつつiPhoneのメモ帳でこのブログの下書きを書いている自己矛盾。

複雑な感情を抱きつつ、やはり、一度でもこの利便性を味わってしまうと、なかなか抜けられないものだ(;ω;)

広告

シェアする

広告