iPhoneのバッテリーだけを代える予定が、本体ごと代えることに。

ここ最近iPhone(docomo)のバッテリーの減りがやけに早くなってきていた。

朝100%に充電されてても2~3時間後には20%を切るように。

これでは仕事にならない。

新品で購入したiPhone6Plusだが、そろそろ2年。

だいぶバッテリーがヘタって来たようだ。

広告

Apple正規店にバッテリー交換へ

先日、家電量販店で触ってみたiPhone8Plusも選択肢としては魅力的だが、なにしろお高い。

とりあえず、バッテリー交換をしてもらおうと隣市のApple正規サービスプロバイダに持って行ってみた。

しかし、そこで対応してくれたお姉さんがちょっと苦手な感じ。

「予約はされてますか?(どうせ、してないだろう、おめえはよ~)」と冷たく尋ねてきた(ように思えた)時点で、私と彼女の関係は終わった(笑)

寒さのせいか普段から脆弱な私のこころは普段よりも脆弱になっているので、ネガティブな妄想がどんどん膨らむ。

「超事務的対応」+私、気が強いですからと毎秒訴えかける「目ヂカラ」。

普段だったら気にならないであろう、なんでもないお姉さんの言動が私の精神を徐々に摩耗していく。

バッテリーの交換には1万2000円ほどの料金がかかります。

とりあえず今のバッテリーの状態を診断してみましょう。

そう言って、専用の?ノートパソコンに繋げて調べてくれたが、もう、私の心はここにあらず。

診断結果としては、バッテリーの消耗度(?っていうのかな)が何かの基準に足りてないとのこと。

docomoの保証に入っていれば、ここより有利な条件でバッテリーだけでなく、スマホの交換ができるかもよ、みたいなことを言ってきたので、じゃ、そーします~と早々に切り上げた。

iPhoneを本体ごと交換

地元のdocomoでバッテリー交換の件について尋ねたところ(正確には妻に尋ねてもらった)保証に入ってるので本体(新古品)の交換も可能とのこと。

しかも、営業所ではなく、直接自宅に届けてくれる、それも翌日に、とのことだったので、その手続きの方法を教えてもらった。

そして、実際に代替品が今日の午後3時ごろ。本体の状態も「新品」と言ってもおかしくない非常に良い状態。

しかし、バッテリーではなく、本体ごとの交換なので、当然ながら、データを移し変える必要がある。

データをバックアップさせたり、復元させたりするのは久しぶり。

今の時期は精神的にも不安定で、集中力も欠けるので、かなり面倒だったり、だいぶ心配な面もあった。

来年は格安SIMで

しかし、それは杞憂に終わり、代替え品と一緒に添付されていた指示書どおりにしたら、ほとんど問題なくデータのバックアップと復元に成功。

代替え品のiOSを最新のものに更新しないと復元できない点だけは、指示書どおりではなかったが、そんなこともあるよ、みたいなことも指示書のどこかに書かれていたはず。

それはそれとして、来年からdocomoから、格安SIMに乗り換える予定。

通信料は3分の1ぐらいになるはず。

ただ、それなのにバッテリーがヘタっていたらストレス。

乗り換え前に、機種は同じでも、ほぼ新品のiPhoneに本体を交換できたのは嬉しい。

これであと2年は頑張ろうぞ。

広告

シェアする

広告