信仰は肩の力を抜いてリラックスですよ(・∀・)力が入りすぎていませんか?ナーバスになっていませんか?

静まって、わたしこそ神であることを知れ。わたしはもろもろの国民のうちにあがめられ、全地にあがめられる(詩篇46:10)

上記の聖書の言葉は口語訳聖書の翻訳です。

新改訳聖書(3版)では同じ箇所が

やめよ。わたしこそ神であることを知れ。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる(詩篇46:10)

と訳されています。

さらに新共同訳聖書では

力を捨てよ、知れ わたしは神。国々にあがめられ、この地であがめられる(詩篇46:11)※新共同訳聖書では詩篇の表題も節に数えるので、口語訳、新改訳とは節がずれる。

となっています。

広告

静まる?やめる?捨てる?

それぞれの訳を比較してみると、冒頭に来る言葉の訳に顕著な違いがあるのが分かりますよね。

口語訳聖書では「静まって」と訳されているところが、新改訳聖書では「やめよ」、新共同訳聖書では「力を捨てよ」と訳されています。

ちなみにKJVでは「Be still」。

じっとしていなさい」とか「落ち着いていなさい」という感じでしょうか?

Blue Letter Bibleで見てみましたら「Be still」と訳されているヘブライ語の原形「רָפָה」(ラファ)には「リラックスする」という意味合いもあるようです。

詩篇46篇10節全体の解説として、新改訳聖書アプリの聖書注解では「人類の歴史は戦いの歴史であるが、そのような緊張関係を捨てて平和と共存を意図する神を知ることを勧めている」とありました。

ただ、私自身がこの箇所から個人的に受け取るメッセージはこの解説とはちょっと趣が異なります。

「自分の力に頼ることを止めなさい。ただわたし(神)により頼みなさい。もっと肩の力を抜いて、リラックスしなさい。そのためにも、もっとわたし(神)のことを良く知りなさい」。

神様が、この箇所をとおして、そんなふうに語られているように私には思えるのです。

信仰とは「リラックス」すること

キリスト教における「信仰」とは「すべてを神様にゆだねること」とも言えます。

結果、いい具合に力が抜け、リラックスして生きれるようになる・・・はずなのですが、「信仰」を持っているといいながら、からだ中に力が入って、精神的にもナーバスになって、目を三角にして生きている人もおられます。

「自分の力を捨て、自分の力に頼ることをやめ、神の前に静まる」

これこそ神を知るために大切な心の姿勢ではないでしょうか?

「神を悩みの時の避けどころ」とする上で大切なことではないでしょうか?

「神様に全てを委ね、力を抜いてリラックス」。

これは、私自身の今年(2018年)のテーマになりそうです。

まことに私は、自分のたましいを和らげ、静めました。

乳離れした子が母親の前にいるように、

私のたましいは乳離れした子のように

私の前におります。

(詩篇131篇2節)

広告

シェアする

広告