ブログ開始から2年(実質1年)日記代わりのブログでも続けていれば、きっと財産になる。

レンタルサーバーを借り、独自ドメイン取得、そして、WordPressでブログを運営してこそ「ブロガー」を名乗れる?

そんな、勘違いから、とりあえず、練習用にと立ち上げた当ブログ。

気づけば、ブログ開始から2年が経とうとしている。

広告

100歳ブロガーを目指す

このブログは2016年の5月に開始した。

しかし、結局、その年は合計33記事しか投稿していない。

一体、何があったのか?

全く記憶にない。笑

翌年の2017年は一念発起したようで(これも記憶にないのだが…)275記事を投稿している。

2016年と2017年合わせて約300記事。

ブログ開始から、2年の月日は経過しているが、運営の実態を見ると、実質的には1年のブログ運営と言えるかもしれない。

というわけで、まだまだ表立ってブロガーを名乗るには質、量ともに100年早い。

しかし、2年間(実質1年)ブログを続けられたこと自体は、私にとってはとても意義深いことである。

というのも、私は今の今まで、ほとんど全てのことを3日坊主に終わらせて来たダメダメ中年男。

それが、2017年は、平均すると1週間に5記事を投稿している。

大げさかもしれないが、これは「奇跡」である。

40歳も半ばになって、やっと自分でも続けられることを見つけた。

その喜びは計り知れない。

遅ればせながらではあっても、自分が一生続けられるであろうことを見いだせたことは素晴らしいこと。

ブログはきっとこれからの私の人生をさらに豊かにしてくれることだろう。

ということで、これからは100歳ブロガーを目指し、ブログに取り組みたい、なんて思っている。

そして、100歳の時には胸を張ってブロガーです、と言えるようなブログ記事を書けるようになりたいと願っている。笑

これからのブログ運営の課題

さて、100歳ブロガーを目指してブログ運営をしていくわけであるが、直近の課題はブログをコンスタンスに更新すること。

2017年は約280記事を投稿しているが、調べてみるとその月によって、投稿数にバラつきがある。

2017年において1番投稿数の多い月は3月の51記事。

1番少ない月は11月で投稿数は3記事。

これではコンスタントにブログ記事を更新しているとはとても言えない。

実は、これ、私が双極性障害(躁うつ病)であることと関係している。

一般的に双極性障害は寒い時期に調子が悪くなり、暖かい時期には調子が良くなる傾向にある。

それがそのまま、当ブログの毎月の投稿数に反映されているわけだ。

秋から冬(9月〜2月)にかけては79記事しか書けていないが、春から夏(3月〜8月)には196記事。

約280記事中、暖かい時期には約200記事。

寒い時期には約80記事。

その差は歴然としている。

あまりにもハッキリとその違いが現れているのには、自分でも笑える。

しかし、本格的に双極性障害の治療に取り組み始めたので、その点、これから改善されることを期待している。

どんなことでも書いていこう

それにしても、過去記事を調べてて意外だったのは、2017年、1番投稿数が多かったのが3月であったことだ。

自分としては、3月はまだ精神的には不安定な時期との印象を持っている。

実際、去年のその頃のブログ記事には倦怠感や希死念慮に悩まされてる旨が記されていた。

それでもなお年間で1番投稿数が多い月が3月であったということは、去年のその頃は「うつ」それなりに気分をコントロール出来ていたことになる。

スマホで横になりながらでも記事を書けることも、コンスタントに記事を投稿できた要因かもしれないが、それにしても意外に思えた。

自分のブログでも、少し過去を振り返って見るだけで、そこに今まで気づかなかった発見があり、面白い。

今年に入り、主に自分が双極性障害とどう付き合って行くかを模索するためのツールとして当ブログを利用している。

過去の記録からの発見は、今後につながる有益な情報になる可能性もある。

なので、日記や雑記を書いてる時点では、こんなこと記録したりして何になるんだろう?と思うようなことでも、どんどん書いて行こうと思った次第。

コンスタントに記事を書くためにも、そのほうがいいだろう。

広告

シェアする

広告