Twitter(ツイッター)のツイートの埋め込みコードをスマホで効率よく取得する方法

ツイートの埋め込みコードをスマホで取得することは、現時点(2018.4)では、できない。

いや、出来ないことはないが、スマホモードからPCモードに切り替える必要がある。

ただ、普通のWebブラウザではスマホでの閲覧は強制的にモバイル用のページに飛ばされてしまうのが厄介。

広告

スマホでもツイッターをPCモードで表示してくれるアプリ

そこで、重宝するのが、Puffin web browser(iPhone)である。

最初にPCモードで表示するように選択していれば、ツイッターもPCモードで見ることができる。

つまり、ツイートの埋め込み機能も利用できる。

ツイートをPCモードで表示する

では、実際にスマホから特定のツイートをPCモードで表示してみよう。

まず、特定のツイートをタップ。

次に右下のアイコンをタップ。

「その他の方法でツイートを共有」を選択。

「ツイートのリンクをコピー」を選択。

そして、次はコピーしたURLをPuffin web browserの検索窓に貼り付けて検索すると先ほどのツイートがPCモードで表示される。

あとの手順は、PCと同じ。

で、実際にツイートを下に埋め込んでみた。

どうだろう?上手く行ってるのではないだろうか?

これは、らくちんだ(*´꒳`*)

最後に

最近は、スマホでブログを更新する人も多いことだろう。

この方法は知っておいて損はないと思う。

もちろん、できればツイッターの公式アプリから、直接、埋め込みコードを取得できれば、それが理想的ではある。

もしかしたら、近い将来、そのような機能も実装されるかもしれないが、それまでは上記の方法が効率的かと思う。

お試しあれ。

広告

シェアする

広告