双極性障害のリハビリ的な意味でブログ記事を書くのもありだと思う。

このブログは、今現在、人に読まれることはあまり意識していない。

当初はブログで生活の足しになる程度稼ぎが得られないかな?とWord Pressの勉強も兼ねて立ち上げたブログではある。

ただ、現実はそう甘くない。

残念ながら、今の所、私にはブログで稼ぐセンスも能力も根性もないということが判明しただけ…

…って自分で書いてて悲しくなってきた(;ω;)

そもそも、ブログで稼ぐには最低限、継続することが求められる。

広告

継続力がない理由

その「継続力」が、私には決定的に欠けているのだから話にならない。

「継続力」の欠如に大きく関わっているのが「双極性障害」である。

いわゆる「躁うつ病」とも呼称される精神病だ。

「躁」の時は元気でイロイロなことに興味が湧き、ドンドン挑戦するのだが、「うつ」に入ると、途端に全てのことに興味を失い、何をする気力も失ってしまう。

もともと飽きっぽい性分ではあるが、それに、双極性障害の症状も合わさり、何事も中途半端なまま。

気づけば、とても残念な中年になってしまった。

「うつ」に入ると、普段は「好き」なこと、また「苦にならないこと」さえ出来なくなってしまう。

しかし、それはあくまでも「病気」のなせるわざで、決して、本当に興味を失ったわけでも、飽きたわけでもない。

ただ「うつ」になると普段は「好きなこと」や「意義を感じること」でも、取り組むのが面倒に感じたり、こんなことして何になるんだろう?という虚無感に囚われてしまう。

で、全ての物事が継続できなくなってしまう。

そして、そのことが、セルフイメージをさらに低めるという悪循環に…

心のリハビリとしてブログ記事を書く

であるから、ブログで稼ぐことよりも先に、私の場合は「双極性障害」の治療に専念することが必要であるとの結論に至った。

人によっては、精神障害を負いつつも、ブログを継続し、それを生業にしておられるツワモノもおられる。

残念ながら、私はそんな精神力も才能も持ち合わせない。

だから、こんなふうに、ただ思いつくままをツラツラと書き連ね、とりあえず、調子が良い日も、悪い日も、出来るだけ毎日ブログを更新するように心がけている。

テーマやキーワードに沿って書け、と言われたら苦痛になるが、思いつくままに書くことだったら、なんとかできるし、ストレス発散にもなる。

また、自分の「気分」がどうであろうと文章を書くことで、今、目の前にあることを淡々とこなす訓練にもつながるのでは?とも思っている。

つまり、このブログは私にとってのリハビリの一環なのである。

ただ、双極性障害の症状が落ち着いて来たら、もっと人の役に立つブログ記事を提供しつつ、かつ、それで収入を得られたらな、とは思っている。

まだ、双極性障害の治療も始まったばかりなので、それがいつになるかは、分からないが、その日を夢見つつ、今日もツラツラと思いつくままに文字を連ねるのである。