新刊書店でも「本せどり」ができるんだよ。

せどり」の世界には「本せどり」から入ったものの、今現在扱ってる商品の大半はCDとDVD、あと、サプライ品が少々で、書籍はほとんど扱っていない。

現在、1200点の在庫をAmazon倉庫に置かせてもらってる(FBA)が、書籍の占める割合は1〜2%である。

しかし、ここ最近、個人的に「本せどり熱」が徐々に高まりつつある。

もともと古本屋めぐりの延長線上で、ちょっとした小遣い稼ぎとして始めた「せどり」。

今は「新品CDせどり」がメインになってるが、やはり、「本せどり」をしている時が1番楽しい(*´ω`*)

最近、ここ数年「せどり」に飽きてきたなあ、と思っていたが、その原因のひとつは「本せどり」をあまりしなくなっていることにあるかも…と今更ながらに思っている。笑

広告

最近、販売した定価越の書籍

ということで、数少ない取り扱い商品である「書籍」の中から、比較的最近、販売した商品を紹介しようと思う。

それが、こちら。

今月のはじめに売れた商品である。

柳生新陰流歴史・思想・技・身体 (SJセレクトムック)

これは、定価(約1800円)で仕入れて、定価越え(約4400円)で販売した商品だ。

Amazonの手数料を差し引くと、収益は約1300円(FBA)ほど。

それほど大した益にはならないが、こうして、本が売れてくれるとテンションが上がる。

ちなみに、定価で購入したことからも分かるとおり、というかこの記事のタイトルにあるとおり、この本は新刊書店で仕入れた本である。

プレミア化しているマニアックな書籍が新刊書店に眠っているかも

「本せどり」というと古本屋でするものと思われがちだが、新刊書店でも、今回紹介したような、入手困難になり、プレミア化している書籍がたまにある。

内容がマニアックなものだったら、ランキングが少々悪くても売れるので、見つけたら、迷わず仕入れる。

「本せどり」のためにワザワザ新刊書店に行くことはないが、新刊書店に用がある際は、ついでにそんな商品がないか、時々チェックするようにしている。

もちろん、そう簡単には見つからないので、あったらラッキーという感じだ。

「本せどり」に将来性があるとは思えない。

主な仕入れ先になるブックオフも経営がかなり厳しいらしいし。

ただ、モチベーション維持のために、これからはもう少しだけ「本せどり」をする時間を増やしたいなと。

で、在庫の5〜8%を書籍が占めるようになればな、と思っている。

「本せどり」が気軽に楽しめるのも、ブックオフが近辺の仕入れコース上にあるうちだけだから、その間だけでも、楽しんでいこうかと思っている次第(・ω・)ノ

広告

シェアする

広告