エクストリムレンタルサーバーで運営しているブログのSSL化に挑戦してみた

https-3344700_640

個人のブログでもSSLはしておいたほうがいいらしい。

しかし、そもそも、SSLって何よ?って感じの私。

非常に敷居が高く感じられており、二の足を踏み踏みしつつ、1年あまり。

それが、先日、このサイトで利用しているエクストリムレンタルサーバー
から無償でSSL化できるサービスの提供を始めたとの案内があった。

2018-06-03_20h23_10

まだ、SSLに関しては、サイトの安全性が高まる、Googleに高く評価される(かも)、程度しか知らないが、思い切ってSSL化してみることに(^o^)丿

広告

エクストリムレンタルサーバーでSSL化する手順

まずはサイトマネージャーに行き「フリーSSL」を選択。

「フリー」というのは「無料」のこと。

「無料」とわざわざ表示されているということは「有料」もある・・・ということも、今回はじめて知った(・。・

別に無料だからといって、セキュリティの強度に差がでるわけではないらしい。

ま、そこらへんは、いまのところ深く考えずに先に進もう。

2018-06-03_15h25_58

フリーSSLを選ぶと、SSLできるサイトのリストが表示される。

ちなみに、SSLできるのは独自ドメインを取得しているサイトのみ。

エクストリムが提供しているエクストリムドメインで運営しているサイトもあるので、そこは少し残念。

さて、SSLしたいドメインの右側に表示されている「フリーSSL利用」の下に「利用する」のボタンをクリック。

2018-06-03_15h30_14

確認のダイアログボックスが表示されるので「OK」をクリック。

2018-06-03_15h33_17

処理が終わると上部にSSLを設定した旨のメッセージが表示される。

http→https」の欄に「利用する」のボタンが表示されるので、それをクリック。

2018-06-03_15h36_27

またダイアログボックスが表示されるので「OK」をクリック。

2018-06-03_15h38_07

これで、SSLは完了。



今まではURLのアドレスは下記のような感じで表示されていた。

2018-06-03_15h43_08

SSLされると下記のようにURL欄の左側に「保護された通信」と表示され「http」の部分が「https」になっている。

2018-06-03_15h44_53

保護された通信」の左側の南京錠のマークをクリックすると証明書情報が表示される。

2018-06-03_16h12_04

簡単にSSLできるとの案内だったが、思ったより、簡単だった。

さて、これがGoogleに評価されて検索順位にも良い影響を及ぼしてくれたら嬉しい。

それにしても、有効期間が2018/06/03から2018/09/01までの3ヶ月になってるのはどういうことだろう(・。・;

有効期間が過ぎたどうなるんだろう???

まだまだ分からないことだらけだ・・・

ま、とりあえず、SSLには成功したので、よしとしよう。

備考

Open Live Writerの設定も変えとかないとね

2018-06-03_17h20_23

広告

シェアする

広告