愛車(ハイゼット)の白煙とエンジン不調。原因はエンジンオイルの入れすぎだった…

adorable-1850465_640

3、4日前から我が愛車「ハイゼット」が、白煙を吐くようになった。

特に発進時。

アクセルを踏むとマフラーからモクモクと盛大に白煙が出てくる。

さらに昨日ぐらいから、エンジンも不調に・・・

加速しようとアクセルを踏むも、加速しなかったり、変速時も、あれ?このまま止まる?みたいな不安感を伴う違和感が・・・

広告

エンジンオイルの入れすぎですね

これはヤバイな、ということで、本日、午前中にクルマを修理工場(コバック)に持って行った。

結果、整備士さんが言われるには

エンジンオイルが通常の倍ぐらい入ってますよ。白煙の原因はたぶんそれでしょうね。」

とのこと。

オイルの入れすぎ?

確かに3、4日前にエンジンオイルを補充した。

我が愛車は老朽化のため、わずかではあるが、オイル漏れをしている。

それが分かったのは半年以上前のことだが、次回の車検時にはクルマを買い換える予定なので、それまで、ごまかしごまかし乗ればいいかな?と、オイルをチョコチョコ補給しながら乗っていたのだ。

ただ、普段はオイルランプが点灯してから、約2ℓのオイルを補給しているのだが、この前は、もうそろそろかな?と、オイルランプが点灯する前に、しかも、オイルの量を測らず、オイル缶から直接、適当に補給してしまっていたのだ。

言い訳をするならば、1週間ほど前から「鬱期」に入ってて、倦怠感と朦朧感のため、そんなふうなことをしてしまったと思うのだが、その時のことをよく思い起こしてみると3ℓ以上は補充してるはず。

すでに入ってたのと合わせるとオイルタンクには4ℓ以上のオイルが入ってる状態だったのではなかろうか?

エンジン不調&白煙モクモク

そこで、「エンジンオイル、4リットル」でググってみると、Yahoo!知恵袋の次のような質問がヒット。

ハイゼットにエンジンオイルを4ℓって入れすぎですか?

それに対するベストアンサーが以下。

エレメント交換なしで2,5L

ありで2,8Lくらい

4Lは入れすぎです、エンジン不調&白煙モクモク出ますよ

おお、まさに今、我が愛車ハイゼットに起きている症状そのものではないかΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

こ、これか〜

コバックでの点検&オイル交換&プラグ清掃の料金

結局、コバックでは検査と、オイルの全取っ替えと、プラグ(点火プラグ)の掃除をしてもらって、料金は締めて4,620円也。

事前にネットで白煙の原因とか、エンジン不調の原因とかイロイロ調べてて、オーバーホールになるのかな?

そうなると30万以上とかするのかな?

早めに次に乗るクルマを購入したほうがいいのかな?

などとイロイロ心配していたから、とりあえず、ホッと一安心。

もちろん白煙は出なくなったし、クルマのエンジンの調子もすこぶる良好になった。

それにしても、オイルが基準より少なくなるとエンジンに悪いことは知っていたが、基準より多くても、こんなに調子が悪くなるとはね。

勉強になった。

ただ、5,000円弱とは言え、私の不注意による余計な出費。

反省である。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定

予算は30~40万円

それはそれとして、我が愛車ハイゼットも、もう乗り始めてから10年。

走行距離も20万kmを超えている。

いつ、何があってもおかしくない。

次回の車検時が替え時かも。

クルマが動かなくなってから、急に新たなクルマを探し出すのも大変。

今回は、もしかすると、ハイゼットを手放す可能性も考えて、実際に中古車探してみたが、急急では、なかなか納得のいくクルマが見つからない。

10月が次回の車検だから、それまでに良さげなクルマを見つけておかないとだ。

私としては次回も「ハイゼット」にしたいと思っている。

しかし、妻と話し合った結果、現時点での我が家の家計のことを考えると燃費重視の方向性でクルマを探そうということになった。

となるとハイゼットは必然的に除外される。

ハイゼットはとても便利なんだが、燃費が、あまり良くないのが玉に瑕(たまにきず)だ。

予算は総額30~40万円とのお達し(*´ω`*)

う〜ん。出来れば60万円台で「ラパン」とかどうかな?と可愛く探りを入れてみるも、

50万円の借金があるんだからね(ㆀ˘・з・˘) と釘を刺される。

確かに、低所得者の50万は大きいよね。

となると、今の時点で候補として上がるのは一つ前の型、2013年式の「アルト」ぐらいになるかな?

うーん、もし、アルトなら2014年以降のがいいかなあ。

購入する頃には30万台とかで、出てないかなあ。

ということで、しばらくは低予算での中古車探しに励まねばならない。

今回の反省

  • クルマのメンテは適当にしてはいけない。
  • 「うつ」の期間はいつも以上に自分の言動に注意しなければならない
  • クルマの購入の際はイロんな意味で余裕がなければならない。
広告

シェアする

広告