「メテグ・ハアマ」って何よ?

聖書は旧約聖書の最初の書巻である「創世記」から新約聖書最後の書巻「黙示録」まで何度か通読したことはある。

そして、今現在も通読中。

聖書研究はライフワーク。

なので、聖書通読は死ぬまでの大切な習慣となる予定である。

それにしても、聖書は読む度に新しい発見があるから面白い。

新たな「気づき」という意味での発見もあれば、単純に今まで読み過ごしていた言葉を発見して、あれ?これって何だっけ?となることもある。

今回は後者のほう。

私の思いのうちにひっかかった言葉はサムエル記第二8章1節に登場する。

広告

町の名前?地名?それとも・・・

とりあえず、その節の全文を書き出してみる。

その後、ダビデはペリシテ人を打って、これを屈服させた。ダビデはメテグ・ハアマをペリシテ人の手から奪った。(新改訳第3版)

この中で、私がひっかかった言葉は「メテグ・ハアマ」。

あれ?こんな地名ってあったっけ?

今まで、何度となく読んでいた箇所のはずなのだが、今回はなぜかこの「メテグ・ハアマ」という言葉が気になった。

ダビデがペリシテ人から奪った「メテグ・ハアマ」とは一体何なのか?

「メテグ・ハアマ」は言葉としては「首都の手綱」の意。

同じ出来事を記録している歴代誌第一18章1節では、それを「ガテとそれに属する村落」としている。

ガテとは当時ペリシテの五大都市の一つ。

歴代誌の記者は「メテグ・ハアマ」を「大都市ガテとその衛星都市」と捉えたわけだ。

それだったら、サムエル記のほうでも、最初からそう訳してくれれば分かりやすいのに、と思うが、実はこの部分、ヘブル語本文に混乱があり、解釈が困難なところらしい。

なので、「ガットの首府を奪った」と訳しているバルバロ訳では、その脚注で「『ガットの首府』と訳したところは原典が不明確なので確かな訳ではない」と丁寧に記している。

メテグ・ハアマを「大都市ガテとその衛星都市」としたのは、あくまでも、歴代誌の記者の一つの解釈。

もしかすると、一つの町の名前かもしれないし、別の事物を意味するかもしれない。

ちなみに、70人訳(ギリシャ語訳聖書)では、「ダビデはペリシテ人の手から貢物を取った」と訳しているとのこと。

まとめると、メテグ・ハアマとはガテ周辺にあった一つの町の名前かもしれないし、大都市ガテと衛星都市の総称かもしれないし、それとは別のペリシテ人による貢物かもしれない、ということろだろうか?

あと、これは余談だが「メテグ・ハアマ」という表記は、聖書の翻訳によって微妙に異なった表記になっている。

口語訳、新共同訳では「メテグ・アンマ」。

同じ新改訳でも新改訳2017では大きく翻訳を変えていることもあって「メテグ・ハ・アンマ」となっている。

最後に

と、ここまで「メテグ・ハアマ」という言葉についてダラダラと書いて来たが、これは聖書の全体の教えの本質的なところではない。

しかし、たまには、聖書の中のよく分からない言葉。

しかも、キリスト教の教の本質には関わらない、ある意味どうでもいい言葉を取り出して、それについて調べたり、考えたりするのも、聖書の学びとして面白いのではないだろうか?

もちろん、そればっかりではクリスチャンとして成長できないだろうから、あくまでもタマにね。

created by Rinker
¥6,900 (2018/10/19 03:14:38時点 Amazon調べ-詳細)
広告

シェアする

広告