双極性障害のリハビリを兼ねてのパートタイム労働を始めたよ

自分だけではどうにもならないというところまで追い詰められ、精神科の門をくぐり、正式に「双極性障害」の診断を下されたのが今年の3月。

その時は外で働くなんて、とんでもないという精神状態だったが、ラモトリギンによる薬物療法を始めて半年が経過。

精神状態もかなり安定して来た。

おりしも「せどり」だけでは家計が厳しいから、ちょっとでもいいから外で働いてくれないかな?という妻の言外のプレッシャーを感じ始めており、簡単な仕事だったらできるかな?という心境になっていたので、9月に入ってからハローワークに行き、これだったら今の自分でもできるであろうパートタイムの求人に応募してみた。

広告

主の山に備えあり

ただ、ハローワークの人が言うには、私が応募した会社に求人の件を問い合わせると、女性を期待していたらしいとのこと。

しかし、そんなことは募集要項に書いてなかったし、とりあえずダメ元で面接を受けてみることにした。

結果的に、その決断は間違ってなかった。

面接時に応募していた求人とは別の件で人が必要になったから、そっちはどう?との提案があったのだ。

仕事の内容を聞くと、そちらのほうが私には都合の良い条件が提示されていた。

まさに、「主の山に備えあり」。

神に感謝したことは言うまでもない。

仕事の内容はルート配送。

週に5~6日、1日4~5時間。

午前の配送と午後の配送があり、昼は3時間ほどの空きが出る。

職場は自宅から5分程度の場所。

自宅に一旦帰宅して昼食を取っても、その後、十分に休んでから午後の仕事に備えることができる。

双極性障害の症状はだいぶ和らいでいるとは言え、まだまだ疲れやすく、フルタイムの仕事はまだ無理っぽい私にとって、これはありがたい限り。

製造、物流、警備、営業などのいろんな仕事を経験して来たが、その中でも1番楽な仕事である。

これでお金をもらっていいのかな?と思うぐらい仕事の内容も簡単。

この内容だったら、少しぐらい「うつ」に入って、集中力や思考力が落ちることがあっても、仕事に支障が出ることはまずないだろう。

人間関係も今まで働いてきた職場と比較しても断然によい。

今までの仕事は大体1年ほどで辞めてきたが、今の仕事は余裕で10~20年と続けられそう。

リハビリと思えば、給料が安くても構わない

もちろん給料は安い。

時給800円での短時間労働。

月の給料は7万円程度である。

中年男が月収7万円の仕事・・・

と思えばみじめに思えるかもしれないが、今の私にとっては、このパートタイムの仕事はリハビリも同然。

双極性障害のリハビリをしつつ7万円も貰えると思えば、かえって、得している気分である。

それに、ここ数年「せどり」での収入は落ち込んではいるが、今のところ純益は15万円ほどはある。

夫婦ふたりの生活だったら、それで、しばらくは十分しのげる。

ブログで月3万円を目指す

ただ「せどり」のほうは将来性という点では心もとない。

今現在は月に5,000円ほどしかなっていないAdSenseの収入をなんとか万単位に持っていきたいと思っている。

才能はなくても継続していけばAdSenseで月に3万ぐらいは誰でも稼げるとも聞く。

「継続は力」。

ここしばらく、ブログの更新できていなかったので、またどんどん更新していこうとの決意を新たにしている次第である。

とりあえずのAdSenseでの収入の目標は月3万円。

配送の仕事と合わせて自力で月に10万円程度は稼げるようになりたい。

今の自分の状態を考えれば、それだけでも万々歳だ。

それが達成できれば、次なる目標として、ブログでの収入目標を上げようと思っているが、そこまでは考えるとかえってモチベが下がるタイプなので、今は考えまい。

とにかく、人と比べることなく、自分のペースで1日1日を大切に、ゆっくりでいいから着実に前に進んで行こう。

広告

シェアする

広告