「Jetpack by WordPress.com」をFTPソフトで手動更新

先日、WordPressのプラグイン「Jetpack by WordPress.com」の更新が失敗するようになったという記事を書いた。

WordPressのプラグイン「Jetpack by WordPress.com」を更新しようとすると、それに失敗。 なおかつ、その後...

イロイロ調べてみたが、その原因はサーバーの能力不足との説が有力のよう。

なるほど、格安レンサバの限界か・・・

そういうことになると、FTPソフトなどを使用して手動で更新しなければならない。

面倒臭いが仕方がない。

早速「FFFTP」を使用して手動で更新することに。

そのためにはまずJetpackの最新版をダウンロード

ダウンロードじたzipファイルを解凍し「jetpack」フォルダを「plugin」フォルダにアップロード。

その際、私は以前のフォルダを削除して、新しいフォルダをアップロードしたが、もしかすると上書き保存でもいいのかもしれない。知らんけど。

ファイルのアップロードには思ったよりかかった。

私のネット環境が悪いからなのかもしれないが体感的には10分程度かかったような気がする。

また、なぜかアップロードできないファイルがいくつかあって、それは後でアップロードしたりしないといけなかったので、結構手間がかかった。

しかし、なんとかアップロードされ、pluginとしても認識されて、無事、Jetpackの更新に成功。

次回の更新時にもこんな感じだったら面倒だが、とりあえず、今の格安レンサバは2020年まで契約しているので、しばらくは我慢しなければならない。

近いうちにサーバーの性能が上がればいいのだけれども・・・

広告

シェアする

広告