【双極性障害】久々の給料。少ない額ではあるが、感慨深いものがある。

今の職場でパートタイム労働をはじめて約1ヶ月。

先日、初の給料が振り込まれた。

その額は…

広告

小遣い程度の給料

先月は半月しか働いてない。

しかも1日4時間ほどの労働。

給料と言っても、同年代のお父さんの小遣い程度である。

それでも、いわゆる作業所で働いてる方と比べれば額は大きい。

作業所の形態によるだろうが、知人は、時給100円?と思われる額しかもらえてない。

しかも、弁当代などを引かれると手元にはほとんどお金は残らないそうだ。

それにしても、久々に外で働いて得た給料。

感慨深い。

ちなみに、私の小遣いは、そのわずかな給料の十分の一。

残りは全て借金返済に回される。

よって、今回の小遣いの額は中学生当時のそれと同じぐらい…笑

短時間ではあるが、外で働けるようになった自分へのご褒美としては、まず革製の財布を買おうと思ってるのだが、残念ながら今回は買えそうにない。

ので、今回の分は財布に眠らせておこうと思ったが、手元にあるとすぐに使ってしまいそう。

特に「本」は衝動買いしがち。

新たに本を買う前に消化しなければならない本がたくさんあるに、つい買ってしまう。

セブン銀行に入れてたほうがいいかな?

仕事の量と双極性障害との兼ね合い

それはそれとして、来週からまた仕事時間が少し増えそう。

今は4-5時間の勤務だが、それが6-7時間になるかもしれない。

しかし、1日4-5時間、軽負荷の仕事でも、週末にはくたびれ切ってしまう現状。

不安ではある。

疲れると気分も落ちてくる。

主治医に相談しなければだ。

ただ職場では「双極性障害」であることを言ってないので、そこらへんをどうするかが問題である。

別に自営の仕事をしていることは言ってるので、少し無理を感じたらそれを口実に調整していくしかないか…

ただ、出来るだけ、そんなふうにはしたくない。

まあ、いくら考えても、実際に仕事が増えてみてじゃないとね。

とりあえず、来週までに体の疲れを取ることに集中しようと思う。

最後に

経済的に苦しくなってきて、妻に少しでもいいから働いて欲しい、と言われたのが1ヶ月前。

ちょうどそのころ、私も双極性障害の薬物療法の効果も感じはじめており、短時間だったら働けるかも…と思いはじめていたところだったのでタイミングが良かった。

もちろん、以前に比べたら症状が軽くなったとはいえ、双極性障害の身。

ツライ部分はあるが、今のところ、これぐらいだったら頑張れるかな?という感じ。

さて、2ヶ月後、3ヶ月後にはどうなっていることだろう。

不安半分、期待半分。

広告

シェアする

広告