【双極性障害】秋も深まり、本格的に寒くなってくるこれからが正念場である。

私はどちらかというと、寒い時期のほうが心身ともに調子が悪くなる。

「冬季うつ」なんていうぐらいだから、精神疾病を持ってる人の多くは寒い時期のほうが調子が悪くなるのではないだろうか?

きちんと調べたわけではないのでなんとも言えないが、秋が深まり、冬の到来を間近に感じる今、自分に関しては調子が悪くなっている感は否めない。

広告

思考力の低下や疲労感、倦怠感

思考力が落ちてるということは、集中力、判断力なども当然落ちている。

体調のほうも…

幸い、今のところ精神面は大丈夫だが、「うつ」に伴う、独特の疲労感と倦怠感はある。

なんていうかな…地に沈み込むような疲労感って表現が近いかな?

首から肩にかけての違和感や、息苦しさも。

今年3月から薬物治療をはじめてここまで順調に回復して来たが、これからが正念場だろう。

体調不良が「うつ」の引き金に

前回の冬は非常に強い寒波が日本を襲い、辟易とさせられた。

そのせいで、私も今年の2月に1週間ほど寝込む風邪を立て続けに引いてしまい、それが深い「うつ」に落ち込む引き金となってしまったのだ。

結局、それキッカケで精神科を受診し、今現在のほぼ寛解に近い状態にまで回復したので結果オーライではあるが、正直、あの時の苦しみは二度と味わいたくない。

しかし、寒さが続いて、精神的にも滅入り、それに体調不良が加わわれば、薬物治療をしているとはいえ、また、あの苦しみのどん底に逆戻りしてしまうかもしれない。

寒さ対策を万全に

これからの寒さをどう乗り越えるかは私にとって本当に大事だ。

この冬を無事乗り越え、続く春もやり過ごすことができれば、かなり自信になるだろう。

そのためにも、寒さ対策を徹底しなければだ。

とりあえず、リストウォーマーとレッグウォーマーを手に入れたいと思ってる。

広告

シェアする

広告