書けども書けども我がブログ、アクセス伸びず…

あいも変わらず、低空飛行を続ける我がブログ。

まるで練習用のプロペラ機のようだ。

いや、子供の手から投げ放たれたゴム駆動のプロペラ機といったところか。

広告

1日に200万アクセスだと?

かたや、購読しているある個人ブログは1日200万アクセスを達成したという。

まさにおばけブログだ。

当ブログの1日のアクセス数は、その1万分の1程度である。笑

月々に入るアドセンス収入は約3000円。

まあ、それでもないよりはマシ。

ただ、最近は、本当に何も考えないでテキトーに書いてるので収入につながる記事がないのはどうかと…

それにしても、上記のお化けブログ、アドセンスを含め広告を一切出してない。

もし、出していれば1日200万アクセスが続けば単純計算、3000円×1万倍として月3000万?

すごいね。

出せばいいのに〜、と思うけど、ご本人の主義で出さないらしい。

実にもったいない気がするのだが、潔いと言えば潔い。

そして、その潔さがあるからこその人気ブログなのかもしれない。

センス+メッセージ+執念

もちろん、潔さだけでは人気ブログになるわけがない。

センスがあればこそである。

さらにはブログのメッセージ性。

私には多少の潔さはあるが、センスもメッセージ性もない。

そんなものを込められるほど厚みのある人生を送って来ていない。

ただただ時間に流され、年だけ食ってきた。

しかし、しかしだ。

そんな私でもブログを書く自由はある。

好きなことを好きな時間に好きなだけ書く。

それこそが、このブログの今現在の基本方針である。

役に立つことなど書くつもりはサラサラない。

結果として役に立つ記事になることはあるかもしれないが、それはそれ。

ただ、アクセス数がこれ以上下がってきたら、なんか役に立つ記事を書かなきゃ〜ってアタフタし始めるかも。

それが私という人間なのだ。

一貫性なんてない。

箸にも棒にもかからない人間。

それが私…

それでいて、これで、いいのだ〜

…なんて割り切ることはできない、なんとも歯切れの悪い人間なのだ〜

そんな自分を受け入れるしかないなと。

人生80年時代、折り返し地点を過ぎてなお、こんなはずじゃない、こんな自分じゃない、とわちゃわちゃしてても、なんの生産性もない。

それよりは、現実のあるがままの自分をそのまま受け入れて、そんな自分でもできることは何か?ということを考えていくほうが、多少なりとも充実した人生を送ることができるだろう。

どうせならブログタイトルを「あるがままのブログ」に変えようか?

なんてことも、思うが、そんな感じで何度ブログタイトルを変えてきたことか…

それもまた私である。

と、まあ、今日もなんのまとまりもないブログ記事を書いてしまい、おそらく、このような記事は誰の目にも止まらないことと思うが、そんなの関係ねー!そんなの関係ねー!そんなの関係ねー!

と、往年のギャグを披露したところで、お後がよろしいようで…

広告

シェアする

広告