あの貧相な子ネコが立派になったもんだなと。

パソコン内の写真を整理していたら、愛猫(長男)の子猫時代の写真が出てきた。

保護した時にはガリガリにやせ細っていた。

真夏の炎天下さまよっていたので、おそらく脱水状態にもなっていたことだろうと思う。

そんなこともあって貧相な子で、子猫時代をつうじて、いわゆる子ネコ子ネコした可愛さはなかった。

(もちろん、可愛かったけどね。)

あれから5年。

愛猫も立派なサバトラの雄猫(玉無)になった。

直接保護したのが私だからか、特に私に懐いている。

抱っこしてくれと来るのは私のところだけ。

なぜか妻にはあたりが強く、隙あらば、血が出ない程度に噛みつこうと試みる。

そのたびに妻が「いたっ(>_<)いった(*_*)」ってなってて、それが見ててとても面白い可哀想である。

お父さんをいじめるニャー‼︎

と言ってくれてるのだろうか?

それとも

お父さんに優しくしてやれニャー‼︎

と言ってくれてるのか?

もしくは

お父さんにもっと小遣いあげてやれニャー‼︎

と言ってくれてるのか?

なんにしろ、ちょっとばかり性格に難あり。

ごきげんななめの時には三男(愛猫)をいじめることもしばしば。

たまにではあるが、自宅に帰ってくるとそこら中に三男の毛が散らばっていて、長男の口にはその散らばってるのと同じ毛がついてて、モグモグしている。

おそらく、私たちが出ている間に三男を追い回し、つつきまわし、などなどしていたのであろうことは火を見るよりも明らか。

でも、そんな彼が私の前では猫かぶって甘えて来るのだ。

で、ついつい騙されて怒りきれない。

それはただただ私の不徳の致すとこニャのだ。

広告

シェアする

広告