ありのままの自分を受け入れてくれる人とだけ付き合えばいいんじゃないかな?

本日は午後からなんだかグッタリ。

仕事が午前中だけで良かったと思いつつ、布団でブログを更新している。

ところで、私はこう見えて(見えないか…)すごく気を使う人間である。

自分で言うのもなんだけど。

精神を病む人にはそんな人が多いんじゃないかな?(と勝手に思ってる)。

広告

気が勝手に出て行く?

私は大勢の中にいるとその全ての人に気を使おうとしてしまう。

もちろん、全ての人に配慮することなんて出来っこない。

しかし、色々と気を使うべきことが勝手に目に入って来る。

たとえば、立食パーティの席では

あの人ひとりで寂しそうだな…

とか

あの席、コップが足りないんじゃないかな?

とか

誰か音頭とる人いないのかな?

とか

色々と目につく。

だからといって、その寂しそうにしてる人に声をかけるでもなく、コップを用意をするでもなく、音頭をとるわけでもなく…

ただただ悶々とするばかり。

そして、そんな自分に嫌気がさすばかり。

だから、できる限りそんな場所には行かない。

仕方がなく行く時でも、出来るだけ周囲からの情報が入らないよう隅っこでジッとしてる。

最近はツイッターでもフォロワーさんにすごく気を使いながらツイートしている自分に気づいた。

これまで投稿してきたツイートを見る限りではそんなふうには思われないだろうけど。

でも、自分の中ではツイートする度にすごく気を使い、もともと少ない私の中の「気」がどんどん出て行ってしまい、それで疲れてしまっていたところがある。

いい意味で気を使わない人生

そもそも気分転換にと始めたツイッター。

これでは本末転倒である。

実名で投稿してるわけじゃなし、誰に気を使う必要がある?

なんと愚かな!

という心持ちになり、今後いっさい、人に気を使うことなくツイートしてやるぜ!と思うように。笑

とは言っても、あくまでも、これは私の中で心構えが変わるだけ。

ツイートの内容が劇的に変わることはないだろう。

たぶん、ほとんど変わらないはず。

とりあえず、いい意味で人に気を使わない練習のためにも、思うままをツイートしていこうかと思っている。

真の関係を築くために

あまりに人に気を使い過ぎると、それが相手との壁になって、かえって関係が希薄になることもなきにしもあらず。

実際、あんまり人に気を使わないで、ズカズカと土足で人の心に入って来るような人が、深い人間関係を築いたりしてることもある。

気を使わない人には、こっちも気を使わないで言いたいことを言えたりするからかな?

とにかく、私の場合はありのままの自分を表現していく訓練が必要だ。

残された人生も、そんなに長くないわけだし、縮こまって生きていたら、人生楽しめない。

自分らしく生きようとする中で、崩壊する関係もあるかもしれない。

しかし、それは結局、偽りの関係だったということだ。

そこから築かれる新たな関係にこそ、真実があるんじゃないかな?

ありのままの自分を受け入れてくれる人とだけ付き合う。

そうでない人とは付き合わない。

それでいいんじゃないかな?

広告

シェアする

広告