曽於市の「さらぎ食堂」で「とんかつ定食」。思いのほか美味かった。リピ決定。

ここ1年ほど、その前を車で通る度にずっと気になっていた食堂があった。

その前を通る頻度は2ヶ月に1回程度。

ただ、タイミングが食事時から全く外れてて、なかなか行けなかった。

しかし、今回、私たち夫婦の昼食のタイミングが遅くなったこともあり、その気になる食事処を初訪問。

それが曽於市にある「さらぎ食堂」である。

こじんまりとした食堂で、入るとこんな感じ。

写真には写ってないが、2人がけの席もある。

入店は1時半ごろ。

私たちが店に入ったら、1組の老夫婦が食事を終え、入れ替わるように出ていかれた。

開店して間もないのか、改装したばかりなのか、店は外観も内観も綺麗。

店主と、そのお父さん思われる2人できりもりしてるお店のようだ(分からんけど)。

見るからに人が良さそうな雰囲気を醸し出すおふたり。

好印象である。

「今日のランチメニュー(700円)」はハンバーグ定食と、とんかつ定食。

日曜日でも「ランチメニュー」があるのか…

好印象である。笑

ということで、ハンバーグ定食と、とんかつ定食を一つずつ注文。

注文から定食が出てくるまでの時間は…どれくらいだったかな?

話していたので、正確には分からないが体感では15-20分ぐらいか。

で、私のところに来たのは、とんかつ定食。

ミニ揚げ豆腐とフルーツポンチの分、思ったより豪華。

これで700円だったらなかなかのお得感。

好印象である(3度目)。

問題は味だ。

いくら安くて、見た目がよくても、味が悪ければ話しにならない。

まずは、味噌汁を一口すする。

美味し(うまし)…

ほんのり優しい甘さだ。

とんかつをパクッと一口。

美味し…

分厚くて、柔らかくて、ソースも美味し…

続く一口も、美味し…

出された料理のすべてが「美味し」だった。

店主親子の人柄がそのまま出たような優しい味。

妻のハンバーグも味見させてもらったが、それもまた美味し。

家庭の手作りハンバーグ風のノスタルジックな美味し(うまし)だった(写真撮るの忘れた)。

ずっと、気になってた店だったが、事前情報ゼロで、どうなのかな?と思ってたけど、これは大正解。

リピ決定である。

次回はカツ丼にするか天丼にするか、それが問題だ。

妻が食べ終わるのを待ちながら、そんなことを考えていたら、新たに1組の家族が入店して来た。

店主の親父さんと思われる方が「いらっしゃいませ〜」と威勢はないが優しい声で迎える。

私は威勢のいい「いらっしゃいませー!」は苦手なので、ちょうどいい。

好印象である。笑笑

入店したばかりの家族のところに来て注文を取るお父さん。

疲れて来たのか、二、三歩あるくと注文の品が頭から抜けるようで、二度三度注文の確認に戻って来てた。

そして「すいません、ボケてるもんで…」と弱々しく笑う。

そんなお父さんに「美味しかった、また来るね」と元気に声をかけたつもりになって、私は店を後にしたのであった。

広告

シェアする

広告