愛犬が煙のように忽然と姿を消してしまった…

あれ?愛犬がいない?

え?どこ???

昨晩、就寝前に何気なしにベランダを覗くと、そこにいるはずの愛犬がいなくなっていた。

ベランダは柵で囲ってある。

そんなに広いスペースではないが、鎖でつないでいるよりは良かろうと愛犬をベランダに放ち置くために後からつけた柵である。

柵には外に出るための戸を設け、その戸にはカギ(あおりどめ)が付けてある。

そのカギがきちんとかかってなかったら、あ、やってしまった!脱走された!と即座に思う。

実際、そんなことが何度かあった。

なので、またやっちゃった?と戸のカギを確認。

カギはしっかりとかかっていた。

あれ?どゆこと?

もし、愛犬が自力で逃げたとするなら、柵をのり越えたことになる。

今までそんなこと一度もなかったのに…

愛犬は柴犬とテリア系の血が4分の1ずつ入った小ぶりな雑種犬。

普段は自分の頭の高さほどの障害物を乗り越えるのさえ怖がる臆病な犬だ。

そんな子が後ろ足で立って、前足を伸ばしても全然届かない柵を越えて行くだろうか?

実に不可解である。

それに、普段だったら脱走しても、半日もすれば、泥だらけになって、肩でハアハア息をしながら、満足げに戻って来てた。

しかし、今回は、脱走してから丸一日、戻って来る気配がない。

散歩コースや、愛犬の行きそうなところをクルマで回ってみたけど、影も形も見当たらなかった。

まるで蒸発したみたいに忽然と消えてしまった。

もちろん、実際にそんなことあるわけはないが、今、私はそんな不思議な感覚に包まれている。

真相は分からない。

とにかく、今は待つしかない。

ただ突然我が家に来た子なだけに、突然去ってしまったりして…なんて思いもよぎる。

でも、明日になれば何食わぬ顔で戻ってくるやもしれぬ。

近所の犬で行方不明になってから、1週間後に帰ってきた例もある。

ごちゃごちゃ考えても仕方がない。

とりあえず、風呂に入ろう。

広告

シェアする

広告