また愛犬が脱走。で、翌朝に知らないおじさんと帰って来た件。

愛犬に脱走され、最悪のことも考えたのが1週間前。

幸い、愛犬は1日半ほどして無事帰って来た。

そして、昨晩…

また脱走されてしまった_| ̄|○

何がそんなに気に食わない?

げんなりである。

ここ1週間はちゃんと散歩にも行ってあげてただろ?

脱走の手口がはっきり分からず、たぶん、こうかな?と思って対策をしてたのだが、ハズレだったようだ。

とは言え、愛犬は一晩で戻って来た。

ただ、不機嫌なおじさんを一緒に連れて来るとは想定外だった。

朝、9時ごろ、ピンポーンとチャイムが鳴ったので玄関に出ると、目の前には知らないおじさん。

年齢的には私より一回り上だろうか?

眉間に深いシワをよせ「苦虫を噛み潰したような顔」のお手本みたいな顔をして立っている。

宅配のおじさんに愛想が悪い人はいるが、こんなに敵意むき出しな人がいただろうか?

いや、いない。

なにより、その足元にはリードにつながれた小型犬がチョコンと私を見上げている。

うん、宅配のおじさんではないね。

私は手に持っていた印鑑をズボンのポケットにしまった。

この犬はあんたのとこの犬かね!

苦虫おじさんが、私の足元を指差して言った。

へ?

と思って、傍らを見ると脱走したはずの愛犬が尻尾を振っている。

え?まじ?

あ、そ、そ、そうです。

あんたは犬を放し飼いにしとるんかね!

い、いえいえ、昨晩、逃げてしまったんですよ!

あんたとこの犬がね、うちの庭でウンコしたんよ!

で、どこの犬かと思ってついて来たら、ここだったんよ!

あ、そ、そうなんですか。す、すみません。すぐ、掃除に伺います。

もう、掃除はしたよ!

(ですよね〜)

とにかく、放し飼いは困るんよ!

いえ、放し飼いをしてるわけではなくて…逃げちゃって…

そんなん、犬は悪くないでしょ!

もちろん、私の責任です。

(犬が悪いなんて、一言も言ってないんですけど…)

知らない犬に、自分家の庭にウンコをされてしまった近所のおじさんは憤懣やるかたなし。

その後もしばらくグチグチ言っておられた。

全面的にこちらが悪いので、私は平謝るしかなく、すみません、申し訳ありません、もうしません…とにかく、私の中にある謝罪のための語彙をフル動員させていただいた。

いやあ、ひさびさに怒られた。

でも、そんな言い方しなくてもみたいなところは多々あったなあ。

朝からちょっと凹んだ。

でも、近所のあまり知らないおじさんの家の庭にウンコぐらいで済んで良かったなとも思う。

散歩道は堤道や河川敷なのに、なんでワザワザ人の家でウンコする?と愛犬の行動には、はなはだ疑問ではあるが…

これが、おじさんが連れてた小型犬を襲ったとか、そんなんだったら、大変だった。

それにしても、自分の愛犬の管理不行き届きを棚に上げて言うのもなんだけど、あのおじさんのモノの言いは、なんかヤだったなあ。

愛犬はウンコすべきとこにウンコしたんじゃないかなあ

…なんて

そんなことを思ってしまう私のほうこそ、ヤなおじさんなのかもしれない。

広告

シェアする

広告