またパニック発作?とりあえず、ヒーリングミュージックを聴きながらブログ更新したりして、気を散らしてるが…

夜11時過ぎ、寝ようと布団に横に入ると再び去年の大晦日の夜中に襲ってきたようなパニック発作の波が押し寄せて来た。

この気が変になりそうな感覚…

本当にイヤ…

前回は30分ほど祈って回復したが、今は、寒い中布団から出るのに躊躇しており、とりあえず、ヒーリング・ミュージックを聴きながら、こうしてブログを書くことで気を散らしている。

いやあ、それにしても、何が原因なんだろう?

このまま、ズルズルとパニック発作が継続するようになれば、パニック障害ということになるのだろうか?

今度、精神科を受診する時に相談してみようとは思うけれども、薬は増やしたくない。

とはいえ、この気が変になりそうな感覚は本当に怖い。

頭を抱えて、大声で叫びたくなるが、しかし、そうしてしまうと本当に気が変になるのでは?というさらなる恐怖。

せっかく双極性障害の気分の波が落ち着いて来たと思ったのに…

やれやれ、って感じである。

しかし、よくよく考えてみれば、こんな感覚は今までもあったな。

ただ、日中に襲ってくることがほとんどで、その時はずっーと深呼吸をして対処してた。

パニック発作は今に始まったことではないな。

最近、夜中を含めて頻発してるってだけか…

とにかく、そうなった今、パニック発作になりそうになった時の対処法を自分なりに確立しておかねばならない。

カフェインは避けたほうがいいという情報もあるので、しばらくコーヒーを飲むのはやめたほうがいいかな?

今は、とりあえずヒーリング・ミュージックを聞きながら、軽く深呼吸をしつつ書き物をしてるが、これも悪くはないようだ。

クリスチャンとしての理想は「祈り」によって精神の安定をはかることなんだけど、まあ、それはボチボチと習慣化していこうと思ってる。

「祈り」が習慣化すると精神的にも落ち着いて来るのは体験済みなんだけど、なかなかね…

こうパニック発作的な症状が続くのは、とにかく祈れ!ということなのかな?なんてことも思ったりするけど。

ま、なんにしろ「祈り」の生活はクリスチャンとして充実させていきたいと思っているので、いい機会かもしれない。

あと「みことば(聖書の教え)」の告白もね。

日中に無意識のうちに否定的悲観的な思いになってるのも、パニック発作の要因となってるのかも。

これは、前回の発作時にも思ったことなんだけど、すっかり忘れてたな。

気をつけよう。

力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。(聖書 箴言4章23節)

広告

シェアする

広告