エムフェイスで儲けてやる!と息巻いていた親父ではあるが…

数年前からエムフェイス(Mface)に夢中になり、今に見てろと息巻いていた親父だが、ここ最近は何も言わなくなってきた。

おそらく雲行きが怪しくなってきたからであろう。

で、今回のエムフェイスに関わるグループが特定商取引法違反の疑いで逮捕。

親父は内心肩身の狭い思いをしてるはず。

広告

Mface(エムフェイス)は洗脳か?マインドコントロールか?

なにせ、家族、友人知人の反対を押し切ってエムフェイスに手を出したのだから。

エムフェイスの怪しさについて話すと、お前たちは何も分かってないと激怒。

その姿に洗脳とかマインドコントロールのような印象を受け、これは痛い目に合うしかないのかな…と残念に思ったことである。

そもそもSNSでの広告権とか、仮想通貨とか、後期高齢者である親父が手を出すべきではなかった(正確にはMコインは仮想通貨とは言えないかもしれないが)。

簡単に儲けられる方法なんてない

親父は勧誘してきた人物の甘い儲け話に誘われて、なんとなく始めただけ。

勧誘して来た人物は親父とは旧知の仲で、決して悪い人ではないのだが、怪しげなビジネスにはまりがちの人。

なので、私自身はその人とは距離を置いている。

しかし、父はなぜかその人と密で、結果、怪しげなビジネスに巻き込まれたりする。

親父本人は、オレはちゃんと分かってる。

必ず、儲かる!

なんて言ってたけど、実際はパソコンの扱いもままならないので、取引の仕方自体あまり分かってなかった。

それで、勧誘した人物の手を大いに煩わせていたようで、その人物から私のほうに親父さんを手伝ってやってくれないか?との電話があった。

もちろん、やんわりと断らせてもらった。

おそらく、その人も今の状況に戦々恐々としてるはず。

簡単に儲けられる話なんてない。

最後に

これキッカケにもう怪しいビジネスを親父に持ちかけないで欲しいとは思う。

しかし、これって病的な部分もあって、またしばらくすると、あの人が同じような怪しげな儲け話を嬉々として持ってくる。

そして、親父もそれに嬉々として飛びつく。

やれやれだ。

とりあえず、エムフェイスの大元を誰か一掃してくれい。

広告

シェアする

広告