iPhoneをドライブレコーダーとして使用するために車載用スマホホルダーを買ったよ。

配達の仕事を始めて、車に乗る時間が増えた。

車に乗る時間が増えるということは、必然的に事故に遭う確率も増えるということ。

しかし、配達車(ハイゼット)にはドライブレコーダーが付いていない。

これでは何かあった時に困る。

ということで、iPhoneをドライブレコーダー代わりに使うために車載用スマホホルダーを買うことに。

マイカーにもドライブレコーダーを付けていないので、どうせなら、どちらでも使えるようと着脱が簡単にできるクリップ式のスマホホルダーを選んだ。

このスマホホルダーは基本的にメーターフードに装着して使う仕様。

フードの形状によっては装着不可になるというデメリットがある。

幸い愛車のラパン(2006年)にはフィット。

iPhone7をクリップするとこんな感じになる。

真ん前に設置されるので、少し目障りな感じはあったが、慣れれば気にならなくなった。

これだったらドライブレコーダーとしてだけでなく、ナビアプリを使用する際も便利だろう。

ただ、小柄な人だと視界を妨げる位置になるので、おススメは出来ない。

ちなみに当方身長171センチと日本人男性の平均的な身長である。

残念なことに肝心の配達車のハイゼットのメーターフードには合わなかった。

ただ、変則的ではあるが、助手席のサンバイザーに付けることができた。

iPhoneの画面の向きが逆にはなるが、ドライブレコーダーとしては用を足す。

サンバイザーに付けるのが面倒だったら、そのままフロントガラスに立てかけるようにダッシュボードの上に置いても大丈夫。

普通にスマホホルダーとして机に置いたり、どっかに挟んだりしても使えるしなかなか便利。

これで1000円弱は悪くない。

ほぼ同じ商品で700円ぐらいのもあったけれど、自分としては細かいデザインと作りの部分でこちらのほうがいいかな。

耐久性に関してはまだ分からないが、なかなか、いい買い物をした。

まあ、ドライブレコーダーのデータを参照しないといけないような事故に遭遇したくはないが、付けてるとなんとなく安心である。

嗚〜呼、クルマの前をイノシシが100メートルぐらい走り続けるとか、YouTubeでアクセスを稼げるような動画が奇跡的に撮れないかな〜

広告

シェアする

広告